ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

城陽富士工業株式会社

[2019年12月11日]

ID:3895

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

長尺部品や大型プレートはおまかせ!

概要

金属の溝加工や細穴加工に関する秀でた技術力を生かし、尺の長い部品やプレートの製造に特化。関西圏はもちろん、全国各地からたくさんの依頼が集まる長尺界のトップランナーである。他社の追随を許さない精密さは、最新設備と職人技の絶妙タッグのなせる業。スマートフォンや液晶パネルの製造に欠かせない機械の部品をはじめ、航空機部品、大型倉庫、産業機器など、城陽富士工業が手がける長尺部品や大型プレートは、日本の豊かなモノづくりを支える。

最新設備×匠の歪取り

城陽富士工業が作り上げる長尺モノの品質の高さは、こだわりの最新設備と熟練スタッフの職人技によるもの。最大6mまで切削加工できるマシニングセンタは、0.03mm単位という超高精度で金属の溝加工や細穴加工などが実現できる。手作業による匠のひずみ取りは、厚みがわずか2mmという薄板でもOK。長さ2m×幅10cm×厚さ1cmのような加工ひずみが蓄積しやすい長尺部品でも、驚きの平面度・平行度0.02mmを達成できる。マシニングセンタでは不可能な0.001mm単位の超高精度加工や、横型加工技術による立体的な加工も城陽富士工業が得意とする領域である。

充実のホームページから気軽に相談&オーダー

城陽富士工業のホームページは、事業内容を概説したメインサイトに加え、『機械部品通販.com』と『精密加工コストダウン.com』の合計3サイト。『機械部品通販.com』は写真サンプルが盛りだくさんなので、ネットショッピングに近い感覚で手軽にオーダー可能。巨大なアルミプレート上に凹凸で国々が刻まれた世界地図などのインテリア作品も購入できる。『精密加工コストダウン.com』は設計段階を含む一貫生産体制のメリットが実例を交えて解説されているサイト。長尺モノは材料が安価だと加工ひずみの補正に手間がかかるため材料費と加工費のバランスが難しいが、長尺モノを知り尽くした城陽富士工業におまかせすれば最終的なコストが抑えられる。

機械と人間が協働する合理的なモノづくり

最新設備とスタッフの合理的な役割分担が城陽富士工業のモノづくりの特長。機械と人間の得意領域を徹底的に分析し、品質や生産性を向上させるためのシステム改善に余念がない。マルチスキルをもつ人材の育成に取り組み、機械が困難な工程については複数のスタッフが対応できる体制を強化。1人に任せることで生じるボトルネックを解消する狙いがある。既成概念にとらわれず自動化システムの導入に対しても積極的で、機械と人間が協働する近未来モノづくりのあるべき姿かもしれない。

基本情報

住所:〒610-0101 京都府城陽市平川中道表71番地2

就業時間:8:05〜17:05

電話番号:0774-53-8921

城陽富士工業株式会社(別ウインドウで開く)

他の企業&事業所もチェック

け

      株式会社ケイテイエフ

※京都府立大の研究データにより表示

他の企業&事業所もチェック(異業種)

も

          もりた園

※京都府立大の研究データにより表示