ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

もりた園

[2019年12月11日]

ID:3732

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

ナンバーワン鑑定士がお届けする極上のお茶

画像

概要

家族で経営するお茶の専門店。初代店主の森田治秀氏は、利き茶の技術を競う全国茶審査技術競技大会で最多優勝、当時の最高位九段を初めて取得。『どっちの料理ショー(読売テレビ・日本テレビ系)』『未来創造堂(読売テレビ・日本テレビ系)』『サラメシ(NHK総合)』などテレビ出演経験をもつ、名実ともに日本一のお茶鑑定士である。

全国から仕入れる厳選のお茶。コラボ商品も店頭に並ぶ

妥協のない品質とリーズナブルな価格設定で地元から愛されるお店。宇治茶はもちろん、全国のお茶の中から森田氏が納得した一番茶のみを提供する。レストランで食材の鮮度がわかるという森田氏が、その五感を駆使して選んだお茶は天下一品。抹茶を使用したアイス、カステラ、ロールケーキ、羊羹のほか、夏には水出し煎茶も店頭に並ぶ。お茶と相性のよい組み合わせを研究中とのことで、今後開発されるコラボ商品からも目が離せない。
画像1
画像2

ナンバーワン鑑定士×ナンバーワン生産者集団

平成29年度の全国の茶品評会において城陽市茶生産組合が『産地賞』を獲得。菊岡政次氏(上津屋)は個人の最高栄誉『農林水産大臣賞』を獲得。菊岡氏の受賞は平成28年度に続いて2年連続である。ナンバーワン鑑定士とナンバーワン生産者集団の最強タッグがお届けする極上の逸品をご賞味あれ!

画像3
画像4

お茶の魅力を広める黒子でありたい

「茶葉は繊細ないきもの。お茶を美味しい味わうためには、正しいお茶の淹れ方を知る必要がある」と森田氏。1人でも多くの人に美味しいお茶を届けたいという想いから、日本国内だけでなく、旅行で訪れた中国のレストランでも正しいお茶の淹れ方を教えるほど。急須でお茶を飲む人が減少した現状を寂しく感じる一方で、若者が手に取りやすいペットボトルを通じて本物のお茶を伝えられないか、新しいペットボトル商品の開発へ向けた森田氏の挑戦が続く。
画像5
画像6

基本情報

 住所:〒610-0111 京都府城陽市富野堀口37

 営業時間:8:30〜19:00

 定休日:土・日・祝日

 電話番号:0774-52-1276

もりた園(別ウインドウで開く)

他の企業&事業所もチェック

あ

      あきつや食品株式会社

※京都府立大の研究データにより表示

他の企業&事業所もチェック(異業種)

に

       株式会社日興染織

※京都府立大の研究データにより表示