ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

京料理十両

[2019年12月11日]

ID:3783

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

ワンランク上の和食をお手ごろ価格で!

概要

本格的でありながら気軽に楽しめる完全予約制の京料理店。四季折々の素材を活かした自慢の会席料理は、京都市内の老舗料亭『はり清』で腕を磨いた板長が魅せる至極の逸品。畳の間にシックなテーブルがマッチした1階は、4〜20名で会席料理をゆっくりと堪能できる和モダンな空間である。昔ながらのすき焼きや季節にあわせた鍋料理も十両の魅力。2〜3階は大人数グループOKで、最大60名の宴会にも対応できる。

リーズナブルなこだわりの会席料理

上品なまぐろだしのお吸い物や旬のお刺身などが味わえる『雪』は4320円。最上級の『四季』は彩り豊かな13品が並んで8640円とかなりのお値打ち価格である。野菜はすべて京都府産にこだわり、予約にあわせて板長が京都市中央市場に足を運んで品定めをする徹底ぶり。月ごとに料理の内容が変わるので、料理を味わいながら四季の移ろいを楽しむことができる。
画像1
画像2

すき焼きや鍋料理も良心的な価格設定

ざらめや醤油を用いてお肉を香ばしく焼き上げるこだわりのすき焼きはお手ごろ価格の3240円。お肉をストレートに味わえる『肉しゃぶ』や、鶏肉、豚肉、魚介類がたっぷりの『十両鍋』も同じく3240円。そのほか、冬場がおススメの『蟹すき』や『ふぐ鍋』など、さまざまな鍋料理が楽しめる。『ぼたん鍋』や『梅林焼』のような常連さんだけが知る裏メニューも存在する。
画像3
画像4

こだわりの中の細やかな気づかい

すき焼きや鍋料理だけでなく、会席料理でもいろいろな要望に応えられるのが十両の特長。アレルギー対応はもちろんのこと、堅いものが苦手なお客さんに対しては柔らかく食べられるような工夫を凝らすなど、こだわりの中にも細やかな気づかいが光る。「お客さんがお帰りの際に、美味しかったよと言ってくれる。それが一番の喜びです」と店主の清水氏。お客さんの嗜好にあわせられる柔軟性は、リピーターが多い秘訣なのかもしれない。
画像5
画像6

基本情報

住所:〒610-0116 京都府城陽市寺田樋尻48-28

営業時間:12:00〜16:00、18:00〜22:00

定休日:月(祝日ならば火)

駐車場:3台

電話番号:0774-52-2281

他の企業&事業所もチェック

ぷ

           プレリ

※京都府立大の研究データにより表示

他の企業&事業所もチェック(異業種)

じ

       城陽酒造株式会社

※京都府立大の研究データにより表示