ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

LOGOS LAND(ロゴスランド)

[2019年12月11日]

ID:3741

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

メイプルリーフでおなじみのロゴスPresents!新感覚アウトドア

画像

概要

『外で、遊んで、食べて、泊まる』をコンセプトに、総合アウトドアブランド『LOGOS(ロゴス)』が手がけるアウトドア体験型テーマパーク。なだらかな鴻ノ巣山に広がる東京ドーム約2個分の敷地に、BBQとテント泊が楽しめる『キャンプフィールド』と、3種類の大型遊具が設置された『アクティビティヒル』の2つのエリアを備える。キャンプフィールド内にある『プラムイン城陽』では、ロゴスが提案する新しいキャンプスタイルを体験できる。随所に見られるこだわりのデザインは、SNS映えスポットとしても注目度が高い。

手ぶらでOK!アウトドア初心者も安心の新感覚キャンプ

だれでも気軽にアウトドア体験を!そんなロゴスの想いが凝縮したプラムイン城陽の館内には、茶系の壁と緑色の絨毯で囲まれた森林キャンプ場を思わせる空間が広がる。キャンプサイトがわりの客室からは、日常生活が感じられるような設備を排除。室内に設置された本格的なアウトドアチェアなど、さまざまなロゴス製品がキャンプ感を演出する。夜になるとランタンの暖色光で包まれ、室内は野外キャンプの雰囲気そのもの。屋内だから天候に左右されずキャンプが楽しめ、チェックアウトの際も煩わしい後片付けが発生しないのはうれしい。
画像1
画像2

3種類の大型遊具を攻略!遊びの後は本格BBQ

アクティビティヒルに設けられた大型すべり台『ローラースライダー』は、緑豊かな鴻ノ巣山の斜面を活かした圧巻の全長140m。自然を感じながらの大滑走は爽快で、大人がドキドキするほどの迫力である。スライダーはまだ早いかな?という幼児には、空気で膨らませた山型のトランポリン遊具『ふわふわドーム』や、複合型アスレチック遊具『バンクーバー砦』がオススメ。『テント設営教室』や『ガーランドフラッグ作り』などアウトドアに親しめるワークショップも充実している。遊び疲れたらプラムイン城陽のBBQテラスへ。スタッフにおまかせのレストラン感覚で本格BBQが楽しめる。
画像3
画像4

アウトドアの多様なスタイルを求めて!

2019年夏からは待望の『BBQグラスエリア』がサービス開始。芝生が広がるフィールドで自然派BBQが楽しめ、2020年には、関西で珍しいグランピング体験もできる予定。京都初となるロゴスグッズの直売店『ロゴスショップ』はアイリスイン内にオープン。ロゴスファンはもちろん、これからキャンプを始めたい人にオススメしたいアウトドアショップである。リーズナブルなグループ対応ホテル『アイリスイン城陽』や軽食が楽しめる『ロゴスカフェ』もあわせてオープン。本格派も満喫できるアウトドアパークに向けて進化を続ける。
画像5
画像6

基本情報

住所:〒610-0121 京都府城陽市寺田大川原24-4

電話受付時間:9:00〜22:00

定休日:なし

駐車場:約300台

電話番号:0774-58-0010

ロゴスランド(LOGOS LAND)(別ウインドウで開く)

他の企業&事業所もチェック

ご

城陽五里五里の丘(木津川運動公園)

※京都府立大の研究データにより表示

他の企業&事業所もチェック(異業種)

じ

       城陽酒造株式会社

※京都府立大の研究データにより表示