ページの先頭です

城陽市

あしあと

    府営住宅の優先入居、住宅改修費助成の制度

    • ID:1897

    SNSへのリンクは別ウィンドウで開きます

    (1)府営住宅特定目的優先入居

    府営住宅では、特に住宅にお困りになっている障がい者世帯などを対象に優先入居制度が実施されています。

    対象

    1級から4級の身体障がい者、中・重度の知的障がい者、1級から3級の精神障がい者及び戦傷病者手帳(恩給法にいう第1款症以上)を有する者が属する世帯

    募集

    南部地域(京都・乙訓地域 山城地域 南丹地域)で年3回(2月・6月・10月)、実施されています。

     

    問い合わせ 京都府住宅供給公社(電話 075-431-4157)

          京都府 障害者支援課(電話075-414-4603)

    (2)住宅改良助成事業

    障がい者の居住する住宅を改良することにより、介護者の負担を軽減して、障がい者が住み慣れた地域で安心して日常生活を送れるよう、住みやすい住宅づくりを支援します。

    対象者

    本市に居住する65歳未満の人で、身体障害者手帳または療育手帳の交付を受け、一定の介助を要する人。ただし、介護保険法に規定するサービスを適用することができる人は対象になりません。

    対象工事

    • 廊下等の手すりの設置工事
    • 住宅への進入経路及び住宅内の段差の解消工事
    • 便器の取替え等工事
    • 浴槽の取替え等工事
    • その他市長が特に必要と認める工事

    助成金額

    限度額は30万円(世帯員の前年の合計所得金額が1,000万円以下が対象)

     

    問い合わせ 福祉課 障がい福祉係(電話 0774-56-4033)