ページの先頭です

城陽市

あしあと

    台風接近前の暴風による災害への備え

    • ID:5379

    SNSへのリンクは別ウィンドウで開きます

    台風接近前の暴風による災害への備え

     台風が接近すると記録的な大雨・暴風にともなうおそれがあるため、最大級の警戒が必要です。
     気象庁の発表する最新台風情報に留意するともに、京都地方気象台の発表する早期注意情報や警報・注意報などの気象情報、城陽市の発令する警戒レベル3(高齢者等避難)・警戒レベル4(避難指示)の避難情報に留意し、自分の命、大切な人の命を守るため、早めの対策をお願います。

    台風等の防災気象情報などの入手方法(別ウインドウで開く)

    気象庁の防災情報専用Twitterアカウントをぜひフォローください。(別ウインドウで開く)

    京都府防災情報twitterをぜひフォローください。(別ウインドウで開く)

    「安心・安全メール」をご登録ください(別ウインドウで開く)。 ご登録いただいたメールアドレスに避難情報等を送信します。

    「避難指示」で危険な場所から全員避難しましょう。(別ウインドウで開く) 令和3年5月20日から避難勧告は廃止されました。

    風が強まる前の家の対策

    台風接近前に台風への備えを終わらせましょう。

    ・雨戸やシャッター(ちゃんと閉まるか点検補修を)
    ・窓(ひび割れやがたつきはないか)
    ・雨戸やシャッターのない窓(割れたガラス飛散防止のためにカーテンを閉めたり、窓に飛散防止フィルムを張る)
    ・雨どい(枯れ葉や砂がつまっていないか)
    ・屋根瓦やトタン(めくれたり壊れていないか)
    ・テレビアンテナ(錆びたりゆるんだりしてないか)
    ・物干し竿(飛ばされないよう下に降ろしておく)
    ・庭木(飛ばされたり、倒れないように固定する)
    ・植木鉢(強風で飛ばされそうなものは家の中へ)
    ・プロパンガス(固定されているか)

    風が強まる前の家の対策

    ※内閣府政府広報オンラインより

    瞬間風速と人や街の様子との関係

    防災ブック(ハザードマップ)