ページの先頭です

城陽市

あしあと

    小学校への防災用公衆無線LANの設置について

    • ID:4022

    SNSへのリンクは別ウィンドウで開きます

    市では、災害発生時における市民等の災害情報等の入手のためのインフラ整備を目的とし、総務省公衆無線LAN環境整備支援事業補助金を活用し、平成31年4月1日に避難所となっている市内10小学校に防災用公衆無線LANを設置しました。

    この設備は、平常時は小学校の教育に活用しているため利用できませんが、災害発生時に、小学校が避難所として開設された場合、誰でも無料でインターネット接続ができます。

    災害発生時に、携帯電話や固定電話が輻輳のために利用できない場合でも、防災情報などの情報収集が可能となります。
     

    〇設置場所(市指定避難所)

    ・久津川小学校

    ・古川小学校

    ・久世小学校

    ・深谷小学校

    ・寺田小学校

    ・寺田南小学校

    ・寺田西小学校

    ・今池小学校

    ・富野小学校

    ・青谷小学校

     

    〇災害時利用案内

     SSID 00000JAPAN

     認証方式 不要

     認証方法 Android・iOSでの接続(PDF)

          Windowsでの接続(PDF)

    ※「00000JAPAN」(ファイブゼロジャパン)は、地震や台風、洪水などによる大規模災害が発生した際に、情報収集や安否確認の連絡等を支援するため、無料で開放される公衆無線LANサービスのネットワーク名称のことです。

    Android・iOSでの接続(PDF)

    Windowsでの接続(PDF)

    〇注意事項

    ・この公衆無線LANの利用によって、ご自身の損害や第三者との紛争などが生じても市は一切の責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。

    ・この公衆無線LANは、誰もが利用可能であるため、個人情報、メールの内容等を盗み見られる可能性 があります。本サービスを利用する機器のセキュリティ設定や重要な通信については、利用者の判断と責任のもとで行ってください。詳しくは利用規約をご確認のうえご利用ください。