ページの先頭です

コーナー展示

[2022年8月21日]

ID:5079

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

令和4年度コーナー展示のご案内

常設展示室やギャラリーなど各コーナー展示では、季節や期間にあわせて展示替えを行っております。

民俗コーナー展示「戦時下の暮らし」

 城陽市民から寄贈を受けた戦争関連資料を展示し、かつて戦争によって市域の暮らしにどのような影響があったかを紹介します。

【展示期間】
令和4年8月20日(土)から9月25日(日)まで

【展示資料】
・慰問袋、陶製ボタン、防衛食容器、灯火管制用電球、竹製レコード針、『写真週報』

近世コーナー展示「谷口家文書にみる寺社普請」

 市指定文化財である谷口家文書から、江戸時代における荒見神社の釣鐘堂普請に関する文書を紹介し、当時の大工達がどのような手続きを経て寺社普請をおこなったかについて紹介します。

【展示期間】
令和4年8月6日(土)から10月30日(日)まで

【展示資料】
・谷口家文書のうち富野村氏神釣鐘堂普請につき立合願書(写) 1点
・富野村氏神釣鐘堂普請争論につき返答書(写) 1点

近世コーナー展示「伏見助郷と琉球人」

 当館寄託の中島家資料の日記などを展示し、近世における伏見の助郷役と、伏見を通った琉球人について紹介します。

【展示期間】
令和4年7月16日(土)から10月10日(月・祝)まで

【展示資料】
・中島家資料(当館寄託)のうち日記 第九(天保2年)  1点
・中自治会資料(当館寄託)のうち 伏見宿附琉球人参府帰国諸入用勘定帳 1点

近代コーナー展示「マッチレッテルコレクション」

 令和2年7月に寄贈を受けた、龍福寺(中)の故苗村良琇住職が蒐集されたマッチのレッテル(ラベル)コレクションにつき、年度を通して紹介します。特別展示室での展示に即した内容で展示替えを行います。

【展示期間】
令和4年4月23日(土)から令和5年3月31日(日)まで 

【展示資料・期間】
「龍福寺苗村氏旧蔵 マッチレッテルコレクション」
・4~7月  京都市内の飲食店のレッテル
・8~10月 夏季特別展関連 おもちゃ関連のレッテル
・11~12月 市制施行50周年関連
・1~3月 「ちょっと昔のくらし」関連 昭和レトロ

終了した展示

民俗コーナー展示「水の利用をめぐる争い」

 江戸時代の農村では、しばしば村々の間で水の利用を巡る争い(水論)が起こりました。水は農業生産に不可欠なものであり、また不要な水や溜まった水をいかに排水するかということも重要な問題でした。今回の民俗コーナーでは、水害から村を救った庄屋文治郎について紹介します。

【展示期間】
令和4年7月2日(土)から8月7日(日)まで 

【展示資料】
・古文書           1点
・写真パネル・解説パネル 約10点

近世コーナー展示「谷口家文書にみる寺社普請」

 市指定文化財である谷口家文書から、江戸時代の荒見神社(富野村氏神)薬医門の普請に関する文書を紹介し、当時の大工達がどのような仕組みで普請をおこなっていたかについて紹介します。

【展示期間】
令和4年4月6日(水)から7月24日(日)まで

【展示資料】
・門名薬医門之儀届署 1点
・薬医門拾分一之図 1点

近世コーナー展示「近世の婚礼と祝い膳」

 当館寄託の中島家資料の日記などを展示し、近世の農村における婚礼とそのもてなしについて紹介します。また、それ以外の節句や会合などで出された祝い膳の献立についても紹介します。

【展示期間】
令和4年4月9日(土)から7月10日(日)まで 

【展示資料】
・中島家資料(当館寄託)のうち日記 2点
・中自治会資料のうち婚礼振舞料請取帳など 5点
・その他写真・パネル 3点

近代コーナー展示「乗り物のおもちゃ」

 昭和時代の電車やスーパーカーなど、乗り物のおもちゃを紹介します。

【展示期間】
令和4年5月1日(日)から6月26日(日)まで 

【展示資料】
ブリキのジープ、ポンポン船、新幹線、ブルートレイン、蒸気機関車、電車パス、スーパーカーパズル等実物資料及び解説パネル

民俗コーナー展示「めでたい文様」

 日本人は、幸せを得るためや無事に日々を過ごすために、生活の中に多くの願いや祈りをこめてきました。その中には、福を招くと信じられた吉祥文様があります。
 今回の民俗コーナーでは、吉祥文様を紹介するとともに、それらに込められた意味を考えます。

【展示期間】
令和4年5月1日(日)から6月26日(日)まで 

【展示資料】
・手鏡 2点
・袱紗 1点
・写真・解説パネル 約10点

ギャラリー展示「ちょっと昔の写真-城陽町だった頃-」

 城陽は、昭和26年に久津川村、寺田村、富野村、青谷村の4カ所が合併して久世郡城陽町として誕生し、さらに昭和47年には府下で8番目の市として城陽市がスタートしました。今年市制施行50周年を迎えるにあたり、城陽市になる前の城陽町はどのような様子であったかを写真で紹介します。

【展示期間】
令和4年4月23日(土)から6月19日(日)まで

【展示点数】
・写真パネル 34点

入館に際してのお願い

  • 発熱や風邪症状のある方はご遠慮ください。
  • マスクの着用にご協力お願いします。

お問い合わせ

城陽市役所教育委員会事務局 歴史民俗資料館

電話: 0774-55-7611

ファックス: 0774-55-7612

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム