ページの先頭です

住宅用火災警報器のリコール情報について

[2013年10月4日]

ID:986

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

平成23年6月以降、全ての住宅に設置が義務化された住宅用火災警報器について、商品の一部に不具合が発生しているものがあります。
リコールに伴う対応をホームページで公表されている製造・販売元等です。リコール製品等については下記のホームページ等にてご確認ください。

リコール対象品の製造業者一覧
製造業者名リコール対象品/不具合等の概要
ヤマトプロテック株式会社(別ウインドウで開く)「けむぴー(YSA-510VT等)」使用部品の不具合により,誤警報または誤故障報が鳴動する場合がある。
ヤマトプロテック株式会社(別ウインドウで開く)「けむぴー(YSA-210等)」短期間で電池切れとなる可能性がある。
東芝ライテック株式会社(別ウインドウで開く)「なるるミニ煙式」短期間で電池切れとなる可能性がある。
日本フェンオール株式会社(別ウインドウで開く)「煙雷(SF12)」火災感知の機能に不具合が発生していないにもかかわらず,故障警報が鳴動する可能性がある。
株式会社センチュリー
特販事業部
03-5818-7065
「ねつの見張り番」低温にて自動試験異常を発する可能性がある。
マックス株式会社(別ウインドウで開く)「火無安全(かないあんぜん)」短期間で電池切れとなる可能性がある。
越智産業株式会社(別ウインドウで開く)「カチッ!とくん」短期間で電池切れとなる可能性がある。
ホーチキ株式会社(別ウインドウで開く)「住宅用火災警報器(SS-2LIA-10HC)」通常使用状態で約10年間動作が可能な商品であるが、内部タイマーにより使用開始後5年6カ月で、電池切れ検知機能が働き自動的に警報を発する。 

お問い合わせ

城陽市役所消防本部・消防署予防課

電話: 0774-54-0115

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

消防本部・消防署予防課