ページの先頭です

JOYOエコミュージアム

[2019年1月29日]

ID:3353

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

エコミュージアムとは

 エコミュージアムは、1960年代にフランスで生まれた、地域全体を博物館として捉えるまちづくりの考え方です。従来の博物館のように建物の中にある資料を集めて展示するのではなく、地域内にある歴史・自然・産業などの様々な地域資源を現地で保存し、展示・活用を行うところに特徴があります。そして、この取り組みにおいて、学芸員の役割を果たしていくのは地域に暮らす住民自身であり、住民の主体的な参加により運営していくものとなっています。
 日本でも地域活性化の動きとともに各地でこの取り組みが展開されており、活動を通じて地域の魅力、地域らしさを再認識し、地域の活性化へとつなげていきます。

エコミュージアムに取り組む背景と目指すまちの姿

 城陽市は、数多くの魅力的な歴史・自然・産業などの地域資源を有しているものの、市民や市外の方々に十分に認識されていません。一方で、新名神高速道路の開通などにより新たなまちづくりに向けて大きな転換期を迎えています。この転換期を絶好の機会として捉え、市民はもとより、府内の全国に城陽の魅力を発信して多くの人に来訪してもらい、地域資源を活かしたまちづくりを進めていく必要があり、そのための手法としてエコミュージアムに取り組みます。
 エコミュージアムにより目指すまちの姿として、次の3つがあり、それぞれがつながりをもっています。

A ふるさと意識の醸成

 市内各所にある歴史・自然・産業などの地域資源の掘り起こしから始まり、保存・活用へとつなげていくことで、市民ひとりひとりが市の魅力を再認識し、住んでいることへの誇りと地域に対しての愛着を持ち、住み続けたくなるまち、ふるさとに帰ってきたくなるまちを目指します。

B まちの活性化

 市民ひとりひとりが城陽市の誇りを持つことにより、エコミュージアムの考えに基づいて市民自らが地域の活性化に取り組めるまちを目指します。取り組みにおいては、城陽市の未来を担う子どもが活躍する場の創造を目指します。

C 交流人口の拡大

 城陽市の魅力を広く市内外に発信していくとともに、市民の主体的な参加によりイベントの開催などを実施していくことで、市外から多くの人を呼び込めるまちを目指します。

モデルコース

モデルコース1
モデルコース2

城陽市内史跡巡りマップ

史跡マップ
史跡一覧

お問い合わせ

城陽市役所教育委員会事務局 歴史民俗資料館

電話: 0774-55-7611

ファックス: 0774-55-7612

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

教育委員会事務局 歴史民俗資料館