ページの先頭です

国民健康保険を滞納していると

[2013年6月27日]

ID:315

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

保険料を滞納していると、その未納期間に応じて以下のように有効期間が短い保険証(短期被保険者証)や保険証の代わりに資格証明書を交付します。

  1. 納期限を過ぎると督促を行います
  2. それでも納めず5期以上保険料を滞納すると、有効期間が短い短期被保険者証を交付します。
    ・短期被保険者証とは
     通常の保険証(有効期間24カ月)とは異なり、その有効期間ごとに更新手続が必要になります。
  3. 納期限から一年を過ぎると、保険証を返還していただき代わりに資格証明書を交付します。(特別な事情がある場合を除きます。)
    ・資格証明書とは
    被保険者で資格があることを証明するだけのもので、医療機関では医療費をいったん全額負担し、後日申請により保険者負担分を償還払いすることになります。
  4. 納期限から1年6カ月を過ぎると、国保の給付が全部、または一部差し止めになります。
  5. それでも納めないでいると、差し止められた保険給付額から滞納分が差し引かれます。

保険料の納付が難しいときは

保険料の納付相談を、京都地方税機構<電話:0774-46-6568>にて行っていますので、お早めにご相談ください。

お問い合わせ

城陽市役所福祉保健部国保医療課国保年金係

電話: 0774-56-4038,0774-56-4090

ファックス: 0774-56-3999

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

福祉保健部国保医療課国保年金係


国民健康保険を滞納しているとへの別ルート