ページの先頭です

NEW城陽へ(広報じょうよう市長コラム)令和元年11月

[2019年11月1日]

ID:4501

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 去る10月12日、台風19号が関東甲信越東北地方を襲い、甚大な被害が発生しました。亡くなられた方にはお悔やみを申し上げますとともに、被災地域の一日も早い復興をご祈念申し上げます▼台風の規模が大型であったため、本市にも暴風や大雨警報が発表されました。市役所も警戒本部を立ち上げ、市内10か所に避難所を開設し、災害に備えましたが、幸いにも大きな被害には至りませんでした。ただ高山ダムの放流もあり、茶畑や木津川河川敷運動広場が冠水し、上津屋の「流れ橋」が流されました▼ダム放流のタイミングについて議論されていますが、私は府議会議員時代から、高度化された気象情報により、ダム上流の降水量を予測の上、下流に安全な量の範囲で「事前に放流すべき」と考えていました。が、さまざまな課題があるようです▼災害に備えての避難場所・避難方法を再確認していただき、お元気で紅葉の秋をお迎えください。

組織内ジャンル

企画管理部秘書広報課秘書係