ページの先頭です

城陽市認知症高齢者等SOSネットワーク事業

[2016年10月19日]

ID:1189

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

認知症高齢者等SOSネットワークについて

認知症高齢者等SOSネットワークとは、徘徊のおそれのある認知症高齢者等が、徘徊により行方不明になった場合に、ご家族等からのご依頼に基づき、市や警察などが連携して、地域の協力事業者等の支援を得て早期発見、早期保護につなげることを目的とするものです。

事前登録のお勧め

徘徊のおそれのある高齢者等のご家族等には、なるべくこのSOSネットワークへの事前登録をお勧めします。
事前に名前、住所、身体的な特徴、写真などの情報をこのSOSネットワークに登録しておくことで、行方不明時などの緊急時に、ご家族等からの依頼に基づき、市や警察などの関係機関、市内事業所などの協力機関等に情報発信され、早期発見、早期保護につなげることができます。
事前登録をしていただくと、「身元確認シール」をお渡しします。登録者の衣服、靴、鞄などに貼り付け、市から通知する登録番号をこのシールの黒枠部分内に記入してください。

身元確認シール

身元確認シールは、大きさが縦25mm、横40mmで、QRコードが印刷されています。携帯電話などで、このQRコードを読み込んでいただくと、城陽警察署と城陽市役所高齢福祉担当の連絡先が表示されます。
もし、このシールを貼付した衣服等を身に付けた方が、迷っておられる様子であった場合は、警察署や市にご連絡をお願いします。
高齢者等の身元は、このシールの黒枠内に記載されている番号をお伝えくだされば、身元はすぐに判明し、そのご家族等へ直ちに連絡することができます。
なお、登録者の住所、氏名、連絡先等の情報は、城陽警察署、城陽市、地域包括支援センター以外に漏れることはありませんので、ご安心ください。

城陽市認知症高齢者等SOSネットワーク事業身元確認シール

行方不明になられた場合

万一、高齢者等が行方不明になられた場合は、直ちにそのご家族等は、市や警察などの関係機関に連絡するとともに、「城陽市認知症高齢者等SOSネットワーク事業捜索依頼書」をこの関係機関に提出してください。その際は、必ず、裏面の個人情報に関する同意書にも必要事項を記入してください。

協力機関等の募集

徘徊により、高齢者等が行方不明になられた場合に、日常業務の範囲でのご協力や情報提供をお願いしていただける協力機関等を引き続き募集します。
協力していただける事業所等は、「城陽市認知症高齢者等SOSネットワーク事業協力機関等登録申請書」を城陽市高齢介護課に提出してください。

詳しくは、高齢介護課高齢福祉係[☎(56)4031]へお問い合わせください。

お問い合わせ

城陽市役所福祉保健部高齢介護課高齢福祉係

電話: 0774-56-4031

ファックス: 0774-56-3999

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

福祉保健部高齢介護課高齢福祉係