ページの先頭です

城陽市

あしあと

    第15回城陽市文化芸術表彰式

    • ID:8077

    SNSへのリンクは別ウィンドウで開きます

    令和4年度 城陽市文化芸術表彰式を11月4日に執り行いました


    ●城陽市文化芸術賞 (団体)

    ○城陽市文化芸術協会

    【市民文化の創造と交流】 市内での活動年数は30年です。昭和39年、城陽町主催の町民文化祭から、その参加団体による実行委員会が立ち上げられ、昭和60年に年間を通じた市民の文化活動の推進を目的とし、城陽市民文化推進委員会へ発展、平成4年に城陽市文化協会が設立されました。その後、その中で多種多様な分野による連盟・連絡会や少年少女合唱団等が結成され、市民文化祭と春いちばん文化まつりを毎年開催されています。また、多くの市民に文化芸術活動に触れてもらう機会づくりを目的とした講座を年間10回程度開催、文化パルクの市民プラザでのひとときコンサートの開催等、長年にわたり市民のためのイベント開催を続けてこられています。平成20年の第1回城陽市文化芸術功績賞受賞以降も本市の文化芸術活動の中心的担い手としてその活動を発展的に継続され、今年度協会設立30周年、来年度は市民文化祭60回を迎えられることとなり、本市の文化芸術の推進に大変ご尽力をいただいております。


    ●文化芸術功績賞 (個人)

    ○吉田 栄子(よしだ えいこ)

    【日本舞踊】 市内での活動年数は44年です。3歳で藤間流に入門され、昭和37年高校1年生で名取の免状を取得、平成7年に師範の試験に合格されました。昭和53年、日舞教室「藤の実会」を設立後、市内のご自宅において、個人指導から、老人福祉施設、老人会、コミセン等でのサークル指導により、50人を超えるお弟子さんの育成を続けてこれらました。老人福祉施設への慰問や古川小学校放課後子ども教室での体験講座、城陽市おかげ踊りを広める会での指導等、多方面において伝統芸能の継承にご尽力いただいています。また、文化芸術協会では、協会立ち上げ以前から協会の前身である文化祭推進委員会運営委員、仮称城陽市文化協会基金推進実行委員会委員に就任され、協会設立にご尽力されてきました。設立後も協会理事や連盟設立、現在も邦舞連盟と古典文化芸術連盟の会長兼務等、協会の運営において大きな役割を担っておられます。


    ○森田 康雄(もりた やすお)

    【洋画】 市内での活動年数は50年です。昭和47年に武蔵野美術大学を卒業後、京都市内の美術大学や芸術大学等において講師として務められてきました。フランス等での留学や研修を経て、京展や独立展において受賞を重ねておられます。城陽市内においては、城陽高校での美術講師や、城陽団地集会所で絵画サークルの指導を28年間続けてこられました。また、文化パルク城陽で開催されている公募展 アートギャラリーにおいて、平成18年から審査員として、また、ギャラリートークやワークショップの講師として貢献されてきました。そのワークショップでは、城陽高校と西城陽高校の美術部の交流を図る等、次世代育成のためにご尽力をいただいています。



    お問い合わせ

    城陽市役所教育委員会事務局文化・スポーツ推進課生涯学習係

    電話: 0774-56-4047

    ファックス: 0774-56-0801

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム