ページの先頭です

城陽市

あしあと

    城陽市若者定住奨励奨学金返還支援制度のご案内

    • ID:4020

    SNSへのリンクは別ウィンドウで開きます

    NEW JOYO!NEW LIFE!新生活のスタートダッシュを応援します!

     未来を担う若者たちの城陽市への定住を促進するとともに、就職直後の新生活におけるスタートダッシュを経済的に支援するため、大学等を卒業後に就業し、5年以上本市に定住する方を対象に、在学中に貸与を受けた奨学金の返還に対して支援金(城陽市若者定住奨励奨学金返還支援金)を交付します。


    トップ画像

     現在、令和4年度に卒業予定の大学生等で、補助を希望する方の登録を募集していますので、城陽市への定住を希望または検討している方は、ぜひご応募ください。(※すでに本市在住の方も対象です。)



    募集期間

      令和4年8月1日(月曜日)から令和5年1月31日(火曜日)まで

    募集対象者(支援希望者の登録)

     下記の全てに該当する者

    1. 現在大学等に在学し、今年度中に卒業する
    2. 卒業後、城陽市内に5年以上定住する見込みである
    3. 就業等する見込みである(公務員はのぞく)
    4. 独立行政法人日本学生支援機構の第一種奨学金又は第二種奨学金の貸与を受けている

    支援内容

     1年間に返還した奨学金額の2分の1(上限86,000円)を最大5年間

    登録申請方法


     オンライン申請をご利用の場合

     ・下記のURLよりオンライン申請が可能です。

              電子申請URL:https://www.shinsei.elg-front.jp/kyoto2/uketsuke/form.do?id=1654670372714(別ウインドウで開く)


     窓口・郵送申請をご利用の場合

     下記の書類を募集期間内に持参又は郵送(当日消印有効)で提出してください。

     ・城陽市若者定住奨励奨学金返還支援金登録申請書(様式第1号)

    支援金交付までの流れ

    チャート図

    ❷登録更新

     市内に居住し、かつ就業等を開始したときは、30日以内に下記の書類を教育総務課へ提出し、登録の更新をしてください。

    1. 登録更新届(様式第4号)
    2. 大学等の卒業証書   
    3. 在職証明書(様式第5号)※自営業者及び第一次産業従事者は、自営業等従事申立書(様式第6号)
    4. 住民票の写し
    5. 日本学生支援機構が発行した貸与奨学金返還確認票


    ❹交付申請

     支援金の交付要件

     登録者のうち、次の全てに該当する者

    1. 引き続き、市内に住所を有し、現に居住している
    2. 引き続き就業等している
    3. 支援対象である奨学金の返還を滞納していない
    4. 市税(市府民税・固定資産税等)を滞納していない
    5. 国又は地方公共団体から同種の補助金等を受けていない

     交付申請方法

     下記の書類を添えて、1年間に返還した奨学金に係る支援金の交付申請をしてください。(5年間毎年申請が必要です)

    1. 交付申請書兼実績報告書(様式第11号)
    2. 在職証明書(様式第5号)※自営業者及び第一次産業従事者は、自営業等従事申立書(様式第6号)及び確定申告書等の写し
    3. 住民票の写し
    4. 日本学生支援機構が発行した奨学金返還証明書及び返還額証明書※同機構による情報提供システム(スカラネット・パーソナル(別ウインドウで開く))にて発行申請が必要です。手元に届くまでに数日要しますのでお早めにご準備をお願いします。
    5. 市税の完納証明書※税務課納付係(城陽市役所本庁舎2階)にて発行を受けてください。


    登録内容に変更が生じた場合

      住所や就業先等に変更が生じた場合は、下記の書類を変更事項のみ記載し、遅滞なく教育総務課に提出してください。

    Q&A

    よくある質問をまとめました
     Q.専門学校生や短大生は対象となるの?A.大学生・短大生・高専生・専修学校生(専門学校生)・大学院生・専門職大学生・専門職短期大学生が対象となります。
     Q.大学院への進学を予定しているが、大学時代に借りていた奨学金について支援を受けるにはいつ申請をすればいいの?

    A.空白期間なく大学院へ進学する場合は、大学院卒業後でも申請いただくことが可能です。

     申請時に大学の卒業証明書等の添付が必要となります。詳しくはお問い合わせください。

     Q.就職先・就職形態に制限はあるの?

    A.就職先については、指定はありません。(ただし、正規職員の公務員は不可)

     週20時間以上の勤務であれば、パートや契約社員でも支給対象となります。 

      Q.就職・城陽市への転入はいつまでにする必要があるの? A.卒業した年の10月1日までに就職及び転入手続きを済ませてください。
      Q.途中で城陽市外へ転居した場合はどうなるの?

    A.住んでいた月までに返還した奨学金については支援金の交付を受けれますので申請をお願いします。

     なお、初めての交付申請までに転居した場合は支給対象外です。

     Q.途中で転職しても支援金交付を受けれるの?A.任用期間が継続している場合は支援金の交付を受けることができます。

    連絡先・申し込み先

     〒610-0195 京都府城陽市寺田東ノ口16番地、17番地

     城陽市教育委員会教育総務課

     電話:0774-56-4003 ファックス:0774-56-0801

    お問い合わせ

    城陽市役所教育委員会事務局教育総務課

    電話: 0774-56-4003

    ファックス: 0774-56-0801

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム