ページの先頭です

城陽市防犯カメラ設置補助金制度

[2021年3月15日]

ID:3030

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

防犯カメラ設置補助金

 犯罪の抑制など、安全で住みよい地域社会の実現に向けた地域の防犯活動を支援するため、

自治会等が設置する防犯カメラの設置費用の一部を補助します。

対象団体

自治会、子ども会、商店街などの地域団体

 ※規約・代表者を定めていることが必須条件です。

補助対象経費

防犯カメラの購入・設置に係る経費

 1)防犯カメラ、録画装置などの機器の購入費用

 2)専用ポールの設置工事費用

 3)ケーブルの設置工事費用

 4)防犯カメラで撮影していることを示すステッカー等の設置費用

 5)その他、防犯カメラの設置に必要な経費

 ※電気代や修繕代などの維持管理費用、地代や占用料などは対象外です。

補助内容

事業費の2分の1以内(1台につき上限は10万円)

 ・1,000円未満の端数は切り捨て。

 ・申請可能台数は、1団体あたり2台/年まで。

 ・当該年度の予算の範囲内で補助します。

 ・市の他の補助金との併用はできません。

申請期間

令和3年4月1日から9月30日

・申請多数の場合は、抽選により決定します。

その他

・詳細については、次の「城陽市防犯カメラ設置補助金申請マニュアル」をご覧ください。

・各種要件がありますので、申請をご検討の際は、事前に危機・防災対策課(0774-56-4045)までご相談ください。

参考資料

 団体内で防犯カメラの管理・運用規程を作成される時には、京都府が定める「防犯カメラの管理・運用に関するガイドライン(別ウインドウで開く)」を参考にしてください。

各種様式

防犯カメラ設置補助金申請等の様式はそれぞれ次のとおりです。

危機・防災対策課に相談後、提出される際に必要に応じてご活用ください。

申請様式

実績報告様式

交付請求様式

お問い合わせ

城陽市役所市長直轄組織危機・防災対策課危機・防災対策係

電話: 0774-56-4045

ファックス: 0774-56-3999

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

市長直轄組織危機・防災対策課危機・防災対策係


城陽市防犯カメラ設置補助金制度への別ルート