ページの先頭です

介護保険料について

[2016年10月1日]

ID:1475

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

65歳以上の第1号被保険者の介護保険料は、介護保険事業計画に基づき3年に一度改定されます。本市においては、据え置きとしています。
平成31年度は、所得・世帯の状況に応じて16段階に分かれた介護保険料を下表のとおり納めていただきます。
第1号被保険者のうち、低所得などで介護保険料の納付が困難な場合は、介護保険料減免制度もあります。
お支払方法は年金からの特別徴収(天引き)となりますが、65歳に到達してしばらくの間や年金額が年額18万円未満の場合などは天引きできませんので、納付書や口座からの振替によりお支払いいただくことになります。口座からの振替は、通帳・通帳届出印等により金融機関・郵便局の窓口で申し込む方法と、キャッシュカード等により市役所窓口で申し込む方法(ペイジー口座振替受付サービス)があります。詳しくはこちらの「ペイジー口座振替サービスについて」をご覧ください。
40歳から64歳までの第2号被保険者の介護保険料は、加入している医療保険(健康保険)の中で計算され、健康保険料として保険者(会社など)に納めます。
みなさんから納めていただいた介護保険料は、国・府・城陽市からの公費(税金)と合わせて、介護が必要になった方の介護サービス給付費に充てられます。
平成31年度 城陽市介護保険料額算定表(第1号被保険者)
段階対象者年間介護保険料額
第1段階・生活保護受給者
・非課税世帯で、老齢福祉年金受給者
・非課税世帯で、合計所得金額及び課税年金収入の合計額80万円以下
19,890円
第2段階・非課税世帯で、合計所得金額及び課税年金収入の合計額120万円以下30,590円
第3段階・非課税世帯で、合計所得金額及び課税年金収入の合計額120万円超41,300円
第4段階・課税世帯で本人非課税、合計所得金額及び課税年金収入の合計額80万円以下52,010円
第5段階
(基準)

・課税世帯で本人非課税、合計所得金額及び課税年金収入の合計額80万円超61,180円
月額5,098円
第6段階・本人課税で、合計所得金額125万円以下68,830円
第7段階・本人課税で、合計所得金額125万円超200万円未満 76,480円
第8段階・本人課税で、合計所得金額200万円以上300万円未満 91,770円 
第9段階・本人課税で、合計所得金額300万円以上400万円未満97,890円 
第10段階・本人課税で、合計所得金額400万円以上500万円未満104,010円 
第11段階・本人課税で、合計所得金額500万円以上600万円未満 110,130円 
第12段階・本人課税で、合計所得金額600万円以上700万円未満 116,250円 
第13段階・本人課税で、合計所得金額700万円以上800万円未満 122,360円 
第14段階・本人課税で、合計所得金額800万円以上900万円未満128,480円 
第15段階・本人課税で、合計所得金額900万円以上1,000万円未満134,600円 
第16段階・本人課税で、合計所得金額1,000万円以上140,720円 

※第1段階から第3段階までの方の保険料額は、国の制度による保険料軽減措置が講じられた額面です。本来の保険料額は、第1段階は27,540円、第2段階は38,240円、第3段階は42,830円です。なお、今後の制度見直しにより軽減措置が見直しとなる可能性もあります。

お問合せ先

  • 城陽市役所 福祉保健部(福祉事務所) 高齢介護課 介護保険係(市役所2階)
  • 電話番号0774-56-4043
  • E-mailkorei@city.joyo.lg.jp

組織内ジャンル

福祉保健部高齢介護課介護保険係