ページの先頭です

城陽市

あしあと

    JOYOエコミュージアム・令和4年度特別展2「プレイバック城陽―昭和レトロも大集合」を開催します

    • ID:8160

    SNSへのリンクは別ウィンドウで開きます

    令和4年度特別展2「プレイバック城陽―昭和レトロも大集合」

    令和4年度特別展2ポスター

    開催趣旨

      城陽市は昭和47年、京都府下で8番目の市として市制が施行されました。今年度は市制施行50周年にあたります。市制施行50周年を記念して、市になる少し前の昭和40年代から現在までを、「広報じょうよう」や写真を中心に当時の世相(新聞を中心に)も交えながら追っていきます。さらにそれぞれの時代に合わせて、文化や流行していたものから身近な生活用品などを紹介します。

    会期

    令和5年1月7日(土曜日)から3月21日(火曜日・祝日)まで
    ただし、1月10・11・16・23・30日、2月6・13・14・20・24・27日、3月6・13・20日は休館

    ※最終日3月21日(火曜日・祝日)は観覧無料

    会場

    城陽市歴史民俗資料館(五里ごり館) 特別展示室

    〒610-0121 京都府城陽市寺田今堀1番地(文化パルク城陽西館4階)
    TEL:0774-55-7611
    FAX:0774-55-7612

    開館時間

    午前10時から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)

    観覧料金

    観覧料金表
    種類 おとな 小・中学生 
     個人200円100円
     団体観覧(20名様以上)160円80円
     プラネタリウムとの共通観覧の場合(個人)140円70円
     プラネタリウムとの共通観覧の場合(団体)110円50円

     ただし、次の方は無料観覧できます。

    ・城陽市在住の小・中学生

    ・城陽市在住の65歳以上の方

    ・城陽市在住の身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳、被爆者健康手帳、特定疾患医療受給者証または特定疾患登録証をお持ちの方及び介護される方1名

    ・城陽市外の小・中学生の団体観覧(ただし、児童・生徒に限る)

     無料 無料

    展示案内(パンフレット)

    令和4年度特別展2チラシ表
    令和4年度特別展2チラシ裏

    展示構成

    1 広報の見出しと写真で見る城陽のあゆみ

    城陽市の主な出来事を「広報じょうよう」と当時の写真で年代ごとに展示し、これまでのあゆみを紹介します。

    2 時代をうつす流行り物

    年代ごとに当時流行していたものや事柄を関連資料・パネルなどで紹介します。

    【昭和40年代から50年代前半】

    • 大阪万博EXPO’70 関連
    • レコードプレイヤー
    • カシオ計算機
    • もちつき機
    • レコード:「アタックナンバーワン」、フィンガー5「学園天国」、小坂明子「あなた」、南沙織「ひとかけらの純情」、アグネスチャン「小さな恋の物語」、山口百恵「山口百恵のすべて」等
    • モンチッチ
    • 宇宙戦艦ヤマトカセットアンドムービー
    • 初代ウォークマン等

    【昭和50年代後半から昭和63年】

    • 京都国体ユニフォーム、関連グッズ
    • レコード:シャネルズ「ランナウェイ」、松山千春「恋」、「薬師丸ひろ子青春のメモワール」、原田知世「時をかける少女」等
    • カメラ付フィルムコニカ「撮れぞうくん」
    • 映画「ET」パンフレット
    • りかちゃんハウス
    • 初代ガンプラ
    • ファミリーコンピュータ
    • 黄金戦士ゴールドライタン等

    【平成から現在】

    • 絵合わせゲームドンジャラドラえもん
    • たまごっち
    • チェキ
    • ゲームボーイ
    • スーパーファミコン
    • 携帯電話等

    3 新聞でみる半世紀

    城陽市になってから50年間の世界や日本の重大ニュース、事件、世相について新聞を通じて紹介します。

    4 テレフォンカードで見る流行

    観光地の風景・オリンピック・花博やタレントを使用した広告など様々なデザインのテレフォンカードを紹介します。

    5 ギャラリー展示「ちょっと昔の写真」

    昭和50年代中心に、昭和40年から平成初期にかけて当時の人々の暮らしぶりや風景の写真をパネルで紹介します。

    昭和の家庭

     昭和30年頃から家庭で使われていた道具で、昭和時代の雰囲気をリアルに体感できる「昭和の家庭」を再現展示します。

    資料館受付前

    常設展示室民俗コーナー

    関連事業

    手作りワークショップ-昭和レトロシリーズ-

    1 昭和レトロをモチーフにした手ぬぐいをつくろう!

    昭和時代を思わせるデザインのはんこをスタンプしてオリジナルの手ぬぐいをつくります。

    日時:3月12日(日曜日) 1回目午前10時30分から、2回目午後1時30分から、3回目午後2時45分から
    場所:城陽市歴史民俗資料館工作室
    講師:資料館職員
    対象:小学生以上
    定員:各回先着5名
    費用:無料
    申込:3月5日(日曜日)午前10時から電話申込(お一人様につき2名まで申込可)

    2 昭和レトロをモチーフにしたキーホルダーをつくろう!

    プラバンでオリジナルキーホルダーをつくります。

    日時:3月19日(日曜日) 1回目午前10時から、2回目午前11時から、3回目午後1時30分から、4回目午後2時30分から
    場所:城陽市歴史民俗資料館工作室
    講師:資料館職員
    対象:小学生以上
    定員:各回先着5名
    費用:無料
    申込:3月12日(日曜日)午前10時から電話申込(お一人様につき2名まで申込可)

    入館・イベント参加に際してのお願い

    • 発熱や風邪症状のある方はご遠慮ください。
    • マスクの着用にご協力ください。
    • 今後の状況によりイベントを延期または中止する場合があります。その際はホームページでお知らせします。