ページの先頭です

城陽市

あしあと

    妊産婦健康診査

    • ID:6183

    SNSへのリンクは別ウィンドウで開きます

     妊産婦健康診査受診券つづりの交付後の妊娠期間中、妊産婦健康診査を一部公費負担にて受診できます。

     妊産婦健康診査受診券つづりは、妊娠届出書提出時の母子健康手帳と同時に交付しています。

     転入された方は転入届手続き後、前住所地の妊産婦健康診査受診券と母子健康手帳をお持ちのうえ、手続きをしてください。城陽市の妊産婦健康診査受診券と交換します。

     交付および手続きは保健センターで行っています。


    令和4年4月1日~ 産婦健康診査がはじまりました

     産後はホルモンバランスの変化や、赤ちゃんにあわせた生活になることで、体も心も疲れがたまりやすくなります。

     出産後間もないお母さんの体の健康保持や産後うつの予防のため、産婦健康診査を一部公費負担で受診できます。

     

    〇対象者

    城陽市に住民票があり、令和4年4月1日以降に出産した産婦

     〇健診の項目

    問診・診察(子宮復古の状況・悪露・乳房の状態など)・体重測定・血圧測定・尿検査・こころの健康チェック

     〇受診時期・回数

     出産後2週間と1か月の合計2回

     〇受診券の交付

     妊娠届出書の提出の際に交付します。 

     ※令和4年3月31日までに妊娠届出書を提出済みの人で、令和4年4月1日以降に出産が想定される方には、受診券を個別に郵送いたします。


    受診医療機関

    • 京都府妊産婦健康診査指定医療機関
    • 京都府助産師会登録の指定助産所

    多胎の妊婦さんへ

     多胎妊婦は単胎妊娠に比べ、妊娠高血圧症候群や早産等の妊娠中のリスクが高く、その管理が極めて重要であり、基準(14回)を超える健康診査の回数(20回)が必要とされております。

     本市では、多胎の妊婦さんの健やかな妊娠経過を支援するために、令和2年4月1日より妊婦健康診査の追加の受診券を交付することといたしました。

    〇追加される多胎妊婦健康診査受診券つづり

     1.妊婦健康診査基本受診券  6回

     2.妊婦健康診査追加受診券(追加超音波) 3回

    その他

    1. 市外に転出されますと、城陽市発行の受診券は使用できません。転出先の市町村にお問い合わせください
    2. 妊産婦健康診査は妊娠週数等に応じた妊産婦健康診査受診券の内容しか受けられません。項目以外の内容は、全額自己負担となります。
    3. 妊産婦健康診査受診券つづりは再発行しませんので大切に保管してください
    4. 助産所では妊産婦健康診査の受診券(基本・産婦)が使用できます。
    5. 里帰り出産などで指定医療機関及び指定助産所以外で妊産婦健康診査を受けられる場合は、一旦、自費で支払っていただき、京都府規定の金額を上限として公費負担します。(その際、領収書の金額通り還付できない場合があります)必要書類は母子健康手帳交付時にお渡ししていますので、ご確認ください。

    ※ご不明な点は、保健センター(TEL 55-1111)までお問い合わせください。

    お問い合わせ

    城陽市役所福祉保健部健康推進課健康推進係

    電話: 0774-55-1111

    ファックス: 0774-55-1140

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム