ページの先頭です

昼間里親保育について知りたい

[2021年4月12日]

ID:5232

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

昼間里親のご紹介

市が昼間里親保育事業をお願いしています昼間里親をご紹介します。

(ご紹介は五十音順です。本ページで紹介されていない昼間里親もおられます。)

林智美 昼間里親(寺田庭井)

藤田久美子 昼間里親(市辺石原)

林昼間里親のご紹介

昼間里親からのコメント

  1. 幼稚園や保育園での勤務経験を活かしながら、明るく家庭的な雰囲気を大切にした保育をしています。保護者の方に安心して預けていただけるように、LINEでその日の様子の写真を毎日お送りしています。
  2. 安心・安全で健康的な毎日を過ごしていいただけるような保育をしています。時には、私だけの考えだけではなく、保健師さんや保育園の先生方にアドバイスをいただきながら、保育を行っています。
  3. 我が家でお預かりしている子どもたちは、私を「先生」と呼んでいます。ところが、卒所後に再会すると「林先生」と名前で呼ぶようになり、成長を感じて嬉しく思います。
  4. 異年齢の子どもたちが小さな社会の中でいろいろな経験を通して学びながら、きょうだいのように生活しています。一緒に過ごす中で毎日子どもたちの成長する姿に発見や感動を味わえることに幸せを感じます。

  林 智美

実際に利用された方の声

保育中の様子

お誕生日会
制作の様子
ピクニック
電車
マット遊び

藤田昼間里親のご紹介

昼間里親からのコメント

公立、私立保育園での経験を活かし、自分の保育をしたいと里親を始めて20年。

野菜畑と芝生の庭、果実の木、自然の中で子どもたちはいろいろな事を学びます。

自分で考える力、好奇心、独創性を大切に見守り、何より大切にしたいのは言葉とあいさつ。

自分で頑張り、できた喜びは次のステップへと繋がっていきます。

日々忙しい保護者に代わり、保育者は気長に、時には知恵比べをしながら、子どものやる気と個性、協調性を伸ばします。

食事も保護者との相談の中、好き嫌い、偏食、離乳食の指導も子どもに無理なく進めています。

里親を卒業した子どもが近況を知らせてくれます。

看護師の学校に行く子、保育士の学校に合格した子、「彼氏ができたよ。」と報告に来てくれる子、里親は子どもたちにとり、「ふるさと」なんですね。

この子は将来、未来どんな風に羽ばたいてくれるのか祈りつつ、楽しく保育しています。

  藤田 久美子

実際に利用された方の声

お問い合わせ

城陽市役所福祉保健部子育て支援課保育係

電話: 0774-56-4035

ファックス: 0774-56-3999

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

福祉保健部子育て支援課保育係