ページの先頭です

平成25年度秋の資料紹介「城陽を旅するー道と道しるべー」

[2020年7月8日]

ID:3477

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

平成25年度秋の資料紹介「城陽を旅する-道と道しるべ-」

開催期間

平成25年10月19日(土)から12月22日(日)まで
ただし、10月21・28日、11月5・6・11・18・25・26日、12月2・9・16日は休館

趣旨

 資料館の重要な活動の一つとして、数多くの展示活動を続けてきました。しかし、これらの展示活動やその成果を紹介する展覧会は、資料館学芸員が行なってきました。
 本展覧会では資料館学芸員が行なってきた展示活動を市民のみなさんに体験してもらい、その体験を通して地域の歴史や文化に関心を持っていただくことや資料館の認知度を高めることを目的とします。
 城陽市内の主な石碑は、現在40点確認しています。これらすべてを参加者が調査・研究し、拓本を採った後、立体に仕上げ、解説パネルや展示作業にまでこぎつけるのは容易ではありません。そこで今回は、道しるべのみを展示します。
 参加者は、広報じょうようにて募集し、その後チームを編成します。市内の調査・研究や拓本採取、展示作業等の展示プロセスを体験するとともに、我々学芸員と市民との交流の場として位置づけます。

展示構成

 地域ごとに所在する道しるべの調査や写真撮影を行ないます。また、道しるべの拓本を採取し、拓本を使って立体のジオラマを作製します。あくまでも主は参加者であり、学芸員は補助役に徹します。

関連事業

1 見学会「城陽を旅する-道と道しるべを訪ねて-」

ア 日時 平成25年11月24日(日)
     午後1時から午後4時まで
イ 出発点 文化パルク城陽
ウ 終着点 JR青谷駅
エ コース 文化パルク城陽→丁子口の道標→長池駅の道標→旧長池宿→高倉宮の碑→二本松の道標→市辺の道標→梨間の宿跡→十六駅の碑→JR青谷駅
オ 対象 中学生以上
カ 申込み 資料館へ電話または来館にて受付

2 ギャラリートーク

ア 日時 平成25年11月17日(日)
     午後3時30分から午後4時30分まで
イ 場所 城陽市歴史民俗資料館特別展示室
ウ 講師 脇田健 氏
エ 演題 松井蔵人旧館跡の道標について
オ 申込み 不要
カ 参加費 無料(入館料必要)

お問い合わせ

城陽市役所教育委員会事務局 歴史民俗資料館

電話: 0774-55-7611

ファックス: 0774-55-7612

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム