ページの先頭です

市長あいさつ

[2018年2月1日]

ID:1884

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

奥田市長

城陽市長 奥田敏晴

 2月。昨年の12月号のコラムに引き続き城陽市の現状を紹介します

 本市の人口は、平成8年の8万6千人をピークに年々減少(現在約7万5600人)、少子高齢化(高齢化率は府内トップクラス)、税収減少、扶助費増加…全国的な現象とはいえ課題が山積しています。ベッドタウンとして宅地開発が進んだ昭和3、40年代に都市計画がしっかりされていなかったこと、生活道路の未整備…今更言うのは残念ですならばどうすればいいのでしょう?

 去る12月30日、ボクシングWBC世界ライトフライ級のタイトルマッチが行われ、本市在住の拳四朗選手が4回TKOで2度目の防衛に成功しました。1月4日、勝利報告に市役所を訪問してくれた時、ダウンを奪った4回は「ここがチャンスとばかりラッシュした」と話してくれました

 チャンス、常にあるわけではありません。本市の街づくり、今や千載一遇のチャンスと考えます…つづく

 寒さ厳しい折ご自愛ください。