ページの先頭です

パラリンピック採火式で「城陽の火」を灯します

[2021年7月15日]

ID:6525

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

東京2020パラリンピック聖火フェスティバルについて

 東京2020パラリンピック聖火フェスティバルは、それぞれの共生社会への思いが込められた火を47都道府県が独自の手法にて行う「採火」、学校や病院、パラリンピックゆかりの地などへの炎の訪問を行う「聖火ビジット」、東京都・静岡県・千葉県・埼玉県の競技開催4都県で採火した火による聖火リレー、各道府県にて採火した「東京2020パラリンピック聖火」を開催都市・東京へ送り出す「出立」を行うものです。
 各都道府県において採火された火は、8月20日の夜に統合され、「パラリンピック聖火」となり、翌21日から東京都で行われる開催都市内聖火リレーにおいて掲げられます。


「城陽の火」を採火する採火式について

京都府の火は、8月16日の昼頃、府内で採火された火が統合されて作られ、最終的にパラリンピック聖火の一部となります。
城陽市も京都府の火の一部となり、最終的にパラリンピック聖火の一部となる「城陽の火」を採火する採火式を実施します。

採火式では、火おこし希望者5名(下記市民大学特設講座のリンクより申し込み可※希望者多数の場合抽選)が、まいぎり式火起こし器で火を起こし、東京2020パラリンピック聖火となる「城陽の火」を採火します。

火おこしをされる方以外の方は、客席から、火おこしの様子やおこした火から「城陽の火」を採火する様子をご覧いただけます。

パラリンピック採火式の後には、市民大学特設講座「東京2020パラリンピック関連講座」を開催します!!(講座については下記リンク参照)
http://www.city.joyo.kyoto.jp/0000003305.html


日時

8月13日(金)
13:30~13:50
※受付 13:00~  

火おこし者は12:00よりリハーサルを行う予定です。
対象者にはリハーサルの詳細を参加決定通知に同封します。


場所

文化パルク城陽ふれあいホール


対象

市民大学特設講座「東京2020パラリンピック関連講座」参加決定者

※火おこしをしない方は客席からご覧いただけます
 市民大学特設講座申込の際に、壇上での火おこし希望の有無を確認します



参加費

無料


お問い合わせ

城陽市役所教育委員会事務局文化・スポーツ推進課スポーツ推進係

電話: 0774-56-4048

ファックス: 0774-56-0801

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

教育委員会事務局文化・スポーツ推進課スポーツ推進係


パラリンピック採火式で「城陽の火」を灯しますへの別ルート