ページの先頭です

新型コロナウイルスワクチンの住所地外での接種について

[2021年5月11日]

ID:6284

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

新型コロナウイルスワクチンの接種については、原則、住民票のある市町村において接種を受けていただくことになっています。しかし、やむを得ない事情で住民票所在地以外に長期滞在している方は、接種を行う医療機関等が所在地する市町村に事前に届け出ることにより、接種を受けることができます。

城陽市に住民票があり、城陽市外での接種を希望される方

 宇治市・久御山町の医療機関で接種を受けられる場合には、届出は不要です。
 その他の市町村の場合、接種を希望される医療機関等が所在する市町村に事前に届け出を行うことにより、接種を受けることができる場合があります。各市町村にお問い合わせください(城陽市への届け出は不要です)。

城陽市に住民票がないが、城陽市内で接種を希望される方

宇治市、久御山町に在住されている方は、以下の規定に関わらず届け出不要です。

住所地外での接種対象者

・出産のために里帰りしている妊産婦
・単身赴任者
・遠隔地へ下宿している学生
・ドメスティック・バイオレンス、ストーカー行為等、児童虐待及びこれらに準じる行為の被害者など

申請方法

住所地外での接種を希望される方は、原則接種を行う医療機関等が所在する市町村に事前に届出を行う必要があります。

郵送申請

(1)「住所地外接種届」を記入し、「接種券の写し」及び「返信用封筒(切手貼付)」を同封し、城陽市に郵送してください。
  宛先:〒610-0111 城陽市富野久保田1-1 城陽市健康推進課 住所地外接種届担当宛

(2)内容を確認し、市から住所地外接種届出済証を返送します。

窓口申請

(1)城陽市保健センターに、「住所地外接種届」及び「接種券の写し」をお持ちください。

(2)内容を確認し、住所地外接種届出済証をお渡しします(場合によりお時間がかかる場合があります)。

城陽市への届け出を省略できる場合

やむを得ない事情により自治体への申請が困難である人は届出を省略できるので、接種を受ける際に医師に申告してください。届出を省略できる具体的な例は以下のとおりです。

・入院、入所者
・基礎疾患がある人で主治医の下で接種する場合
・副反応のリスクが高い等のため、体制の整った医療機関での接種を要する場合
・災害による被害があった人
・勾留又は留置されている人、受刑者

お問い合わせ

城陽市役所福祉保健部健康推進課健康推進係

電話: 0774-55-1111

ファックス: 0774-55-1140

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

福祉保健部健康推進課健康推進係