ページの先頭です

城陽市障がい者福祉施設等感染拡大防止対策事業助成金交付事業の実施について

[2021年5月19日]

ID:6257

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

城陽市障がい者福祉施設等感染拡大防止対策事業助成金交付事業の実施について

城陽市では、新型コロナウイルス感染症拡大防止対策として、市内障がい福祉サービス施設・事業所を対象に、各施設・事業所が実施する感染症対策に要する経費への助成事業を実施します。

対象施設・事業所

令和3年1月1日以降、感染症対策を徹底した上で障がい福祉サービス等の提供を実施した市内障がい福祉サービス施設・事業所(交付要綱別表1参照)

対象経費

以下のようなかかり増し経費について支援を行います。

(例)

①衛生用品等の感染症対策に要する物品購入

②利用者、職員等のPCR検査受検に係る費用

③外部専門家等による研修実施

④研修受講等に要する旅費・宿泊費、受講費用等

⑤感染発生時対応・衛生用品保管等に柔軟に使える多機能型簡易居室の設置

⑥感染防止を徹底するための面会室の改修費

⑦消毒費用・清掃費用

⑧感染防止のための増員のため発生する追加的人件費

⑨感染防止のための増員等、応援職員に係る職業紹介手数料

⑩自動車の購入又はリース費用

⑪タブレット等のICT機器の購入又はリース費用(通信費用を除く)

⑫普段と異なる場所でのサービスを実施する際の賃料・物品の使用料

⑬普段と異なる場所でのサービスを実施する際の職員の交通費、利用者の送迎に係る費用

⑭居宅介護職員による同行指導への謝金(通所系サービス事業所が訪問サービスを実施する場合)

⑮医療機関や保健所等とのクラスター発生時等の情報共有のための通信運搬費

⑯利用者に対する工賃にかかる前年度比減少相当費用  等

助成額

交付要綱別表2を参照ください

申請期間

令和3年4月26日~令和4年2月28日

※上記期間中に申請から実績報告までをお願いします。

助成対象期間

令和3年1月1日~令和4年2月28日

※工賃補填経費については、令和2年4月1日以降の最も減額となる6か月間

申請方法

申請書(別記様式第1号)に必要事項を記入し、法人名で申請願います。

 申請内容の詳細については、申請書の内訳に該当する事業所等を様式第1号の別紙1に列記し、事業所等ごとに様式第1号の別紙2を記載してください。

提出先:城陽市福祉保健部福祉課障がい福祉係

実績報告方法

事業が完了しましたら、実績報告書(別記様式第3号)に必要事項を記入し、申請方法に準じて提出願います。

注意事項

・本事業にかかる出納に関する帳簿、契約書や領収書等の根拠書類を令和9年3月末まで保管をしてください。市が必要と認める場合には、根拠書類の提出を求めることがあります。根拠書類がない、金額を確認することができない場合は、交付金の返還となりますのでご承知おきください。

・国・府の助成金・補助金など、他の補助事業等で補助金等の交付を受けている経費については対象外となります(要綱第13条)。対象外経費とならないか十分ご確認の上、申請願います。

Q&A

城陽市障がい者福祉施設等感染拡大防止対策事業助成金交付事業 Q&A

お問い合わせ

城陽市役所福祉保健部福祉課障がい福祉係

電話: 0774-56-4033

ファックス: 0774-56-3999

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

福祉保健部福祉課障がい福祉係