ページの先頭です

第13回城陽市文化芸術表彰式

[2020年11月20日]

ID:4462

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

令和2年度 城陽市文化芸術表彰式を11月17日に執り行いました


●城陽市文化芸術功績賞 (個人)

○出島 義男(でじま よしお)

【俳句・歴史・詩吟】市内における活動年数は55年です。子どもの頃から歴史に興味をもたれ、昭和40年に青谷小学校育友会編集委員として郷土誌を執筆されたことをきっかけに、青谷の歴史について本格的に調べ始められ、平成8年には青谷の歴史資料を編纂、また青谷コミセン事業においては同じく平成8年から平成27年まで講師を務められました。「青谷古文書を読む会」において、山城一帯の故事古跡に詳しいことから、平成21から現在まで、その幅広い知見をご教示されています。昭和54年からは俳句と詩吟を習い始められ、平成6年から「奈島俳句クラブ」、平成12年から平成29年まで「青谷俳句教室」を主宰され、数々の句集を刊行されています。また平成14年には「榧(かや)の実(み)句会(くかい)」を設立、平成25年まで代表を務められてきました。平成15年から現在まで城陽市民文化祭俳句大会において選者を務められています。また、詩吟においては、昭和55年に関西吟詩文化協会へ入会、平成9年に八段、平成29年に師範を取得されており、現在も市内で月3回開催されている同協会主催の城陽詩吟塾において、後進の指導に寄与されています。


○尾笹 梅子(おざさ うめこ)

【茶華道】市内における活動年数は37年です。昭和25年の中学生の頃から茶道と華道を習い始められ、どちらも師範を取得され、昭和45年から華道、昭和47年から茶道のご指導をされています。平成2年には「茶道サークル白梅会」を設立され、東部コミセンにおいて現在もご指導を続けられています。また、ご自宅においても、茶華道教室を開設されており、現在まで6人の師範を輩出されています。平成14年には城陽市茶華道連盟会長に就任され、会長を4年間務められ、同連盟の事業、行事、運営にリーダーシップを発揮されてきました。また、毎年、荒見神社で開催されている「城陽茶まつり」での「口切の儀」では、平成26年からご指導を続けられるなど、本市の伝統文化の継承に大変ご尽力をいただいています。 


第13回城陽市文化芸術表彰式

お問い合わせ

城陽市役所教育委員会事務局文化・スポーツ推進課生涯学習係

電話: 0774-56-4047

ファックス: 0774-56-0801

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

教育委員会事務局文化・スポーツ推進課生涯学習係


第13回城陽市文化芸術表彰式への別ルート