○城陽市消防吏員被服貸与規程

昭和43年4月1日

消防規程第5号

(趣旨)

第1条 この規程城陽市消防吏員服制規則(昭和43年4月1日城陽市規則第3号)第3条の規定に基づき、城陽市消防吏員の貸与品について必要な事項を定める。

(貸与の品目等)

第2条 消防吏員に貸与する物品の品目、員数および保存期間は次のとおりとする。

品目

員数

保存期間

外套

1着

4年

冬制服

1

3

合制服

1

3

盛夏服

2

2

ゴム長靴

1

2

雨外套

1

4

ネクタイ

1

1

制帽

冬 1

夏 1

3

略帽

1

2

帽子雨覆

1

3

階級章

2

2

作業服

2

2

(保管)

第3条 消防吏員は善良な管理者としての注意をもつて給貸与品を保管しなければならない。

2 給貸与品を許可なくしてみだりに改造したり、他人に貸与し、若しくは入質等をしてはならない。

(保存期間)

第4条 被服の保存期間は、貸与した日から起算する。

2 保存期間の終つたものの処分は、その都度消防長が定める。

(返納)

第5条 使用期間の終らない貸与品は、退職、出向、転任または死亡したとき、これを返納しなければならない。

(損害賠償)

第6条 故意または過失によつて、貸与品を亡失またはき損したときは、その損害を賠償しなければならない。

2 賠償の方法その他については、その都度定める。

(整理)

第7条 貸与品は整理台帳を備え、必要事項を記入し、常に整理しておかなければならない。

附 則

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(昭和47年5月3日消防規程第4号)

この規程は、昭和47年5月3日から施行する。

画像

城陽市消防吏員被服貸与規程

昭和43年4月1日 消防規程第5号

(昭和47年5月3日施行)

体系情報
第12編 災/第2章
沿革情報
昭和43年4月1日 消防規程第5号
昭和47年5月3日 消防規程第4号