○城陽市消防吏員服装規程

昭和43年4月1日

消防規程第4号

(趣旨)

第1条 この規程は、城陽市消防吏員服制規則(昭和43年4月1日市規則第3号。以下「規則」という。)第3条の規定に基づき、消防吏員の服装について定める。

(正規の服装)

第2条 消防吏員が正規の服装をする場合、規則ならびに城陽市消防吏員被服貸与規程による貸与のものを着用するものとする。

(1) 制帽

(2) 制服(上衣およびズボン)

(3) ワイシヤツ(盛夏服着用時を除き、白色無地とする。)

(4) ネクタイ

(5) 手袋(冬服着用のみ白色とする。)

(6) 靴下

(7) (夏冬ともに黒色とする。)

(8) 外套

(9) 雨外套(雨雪のとき)

(10) 帽子雨覆(雨雪のとき)

(11) 作業服

(正規服装時の注意)

第3条 正規の服装をしたときは、常に清潔端正を旨とし、消防吏員としての品位保持に努め、服装に不必要なものを、みだりに見につけ、使用し、または、携帯してはならない。

(着用期間)

第4条 合服、盛夏服、冬服および外套の着用期間は、次のとおりとする。

(1) 合服

4月1日~5月31日

9月20日~10月30日

(2) 盛夏服 6月1日~9月19日

(3) 冬服 11月1日~翌年3月31日

(4) 外套 12月1日~翌年2月末日

(外套雨外套の着用)

第5条 外套は前条に定める期間内において、防寒のためまたは雨雪の際、室外においてのみこれを着用するものとする。雨外套および帽子雨覆は、雨雪に対し、これを着用するものとする。

(略帽、作業服の着用)

第6条 略帽および作業服は次のときに限り、これを着用することができる。

(1) 火災その他災害現場において作業に従事するとき。

(2) 機械器具の点検整備その他の作業に従事するとき。

(3) 訓練のとき。

(4) 休憩時間中にして署所内にいるとき。

(5) その他署長が必要と認めたとき。

(正規の服装の着用)

第7条 消防吏員は服務に際しては、正規の服装をしなければならない。ただし、上司の承認を得た場合および事態が緊急であつて、そのいとまのない場合はこの限りでない。

(制服の着用禁止)

第8条 消防吏員は私用の目的のために正規の服装を着用してはならない。

(手袋)

第9条 手袋は次の場合において着用する。

(1) 冬服着用の期間中

(2) 署長が必要と認めたとき。

(防火服装)

第10条 消防活動(訓練を含む。)に従事するときは、防火被服を着用するものとする。ただし、機関勤務員とその他署長の認めるものはこの限りでない。

(救急隊員の服装)

第11条 救急隊員が、救急事故現場に出動するときは、白衣を着用するものとする。

附 則

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(昭和47年5月3日消防規程第4号)

この規程は、昭和47年5月3日から施行する。

城陽市消防吏員服装規程

昭和43年4月1日 消防規程第4号

(昭和47年5月3日施行)