○城陽市スポーツ少年団活動費補助金交付要綱

昭和59年6月15日

告示第29号

(目的)

第1条 この要綱は、城陽市スポーツ少年団に対しその活動に要する経費の一部について、城陽市補助金等の交付に関する規則(昭和58年城陽市規則第18号)及びこの要綱の定めるところにより、城陽市スポーツ少年団活動費補助金を交付し、もつて、スポーツ活動の振興を図ることを目的とする。

(補助対象事業)

第2条 補助金の対象となる事業は、次に定める事業とする。

(1) スポーツを通じた交流事業

(2) 指導者の資質向上に関する事業

(3) 団員のスポーツを通じた健全育成に関する事業

(4) 前3号に掲げるもののほか、教育長が必要と認める事業

(補助金の額)

第3条 補助金の額は、予算の範囲内において教育長が別に定める。

(交付の申請)

第4条 補助金の交付を受けようとするもの(以下「申請者」という。)は、城陽市スポーツ少年団活動費補助金交付申請書(別記様式第1号)を教育長に提出しなければならない。

(決定の通知)

第5条 教育長は、補助金の交付の決定をしたときは、速やかにその決定の内容及びこれに条件を付した場合はその条件を記し、申請者に対して通知するものとする。

(事業の変更申請)

第6条 補助金の交付決定を受けたものが、事業の変更をしようとするときは、城陽市スポーツ少年団活動費補助金事業変更承認申請書(別記様式第2号)を教育長に提出しなければならない。

(実績報告)

第7条 補助金の交付を受けたものは、城陽市スポーツ少年団活動費補助金事業実績報告書(別記様式第3号)を教育長に提出しなければならない。

(委任)

第8条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は教育長が別に定める。

附 則

この要綱は、公布の日から施行する。

附 則(昭和61年4月1日告示第21号)

この要綱は、告示の日から施行する。

附 則(昭和62年12月1日告示第41号)

この要綱は、告示の日から施行する。

附 則(平成元年4月1日告示第23号)

この要綱は、告示の日から施行する。

画像

画像

画像

城陽市スポーツ少年団活動費補助金交付要綱

昭和59年6月15日 告示第29号

(平成元年4月1日施行)