環境パートナーシップ募金」のお願い


〜みんなの力で環境カエル〜
 私たちのまち城陽は、京都と奈良の中間に位置し、豊かな水や自然の恵みを受け、さまざまな歴史と文化を形づくってきました。
 この良好な環境を守り育てていくためには、市・市民・市民団体・事業者が互いに協力・協働し、身近にできることから取り組みを進めなければなりません。
 そこで、平成15年10月25日に、市民の自主的な取り組みによる環境基本条例や基本計画の推進組織として、「城陽環境パートナーシップ会議」を発足しました。
 城陽環境パートナーシップ会議では、河川の観察、生き物調査、花いっぱい運動、ごみの減量、環境家計簿の作成、環境井戸端会議の開催など、身近な“行動”を通して、幅広い市民の皆さんに環境に対しての意識を高めていただくための活動を行っています。
 そこで、その際の活動資金を確保するため、平成16年2月から、市役所(環境課、市民活動支援課)、コミュニティセンター(6館)、文化パルク城陽、ぱれっとJOYOの窓口に、「環境パートナーシップ募金箱」を設置しています。
 募金箱は、本会のイメージキャラクターである「環境カエル」が目印です。
 環境づくりの主役は、市民の皆さん一人ひとりです。
 城陽の環境を良くするため、ご理解とご協力をお願いいたします。