ページの先頭です

【対談】ルポライター×カウンセラーが現場から語る「子どもが安心できる家族をつくるためにー児童虐待とDVの事件から考えるー」

[2019年11月29日]

ID:4493

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

【対談】ルポライター×カウンセラーが現場から語る「子どもが安心できる家族をつくるためにー児童虐待とDVの事件から考えるー」

本事業は「ひとりひとりが暴力にNO ! JOYOムーブメント3-児童虐待とDV編-」として実施します。<ドメスティック・バイオレンス、児童虐待に悩む人たちやその家族などのカウンセリング>を行っているカウンセラーと<子育てや親子問題、あるいは子殺しなどをテーマに取材・執筆をしてきた>ルポライターに語っていただきます。今、家族に何が起きているのか?社会が家族に何を強いているのか?子どもが安心できる育ちの場をつくるために私たちひとりひとりができることは何か?などをご一緒に考えてみませんか。

信田さよ子さんと杉山春さんの対談チラシ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

開催日時

2020年2月9日日曜日 午前10時から午前11時45分(午前9時30分開場)


開催会場

講師

◆信田さよ子(のぶたさよこ)
原宿カウンセリングセンター 所長/公認心理師・臨床心理士
お茶の水女子大学大学院修士課程修了。駒木野病院勤務等を経て1995年原宿カウンセリングセンターを設立。アルコールやギャンブルなどの依存症、摂食障害、ひきこもり、ドメスティックバイオレンス、児童虐待に悩む人たちやその家族、ハラスメントの加害者・被害者などのカウンセリングを行っている。著書に「夫婦の関係を見て子は育つ」「加害者は変われるか?」 「母・娘・祖母が共存するために」など多数あり、最新著は「<性>なる家族」「後悔しない子育て」。


◆杉山春(すぎやまはる)さん
ルポライター
早稲田大学第一文学部卒業。雑誌編集者を経て、フリーランスのライターに。これまで、子育てや親子問題、あるいは子殺しなどをテーマに取材・執筆をしてきた。著書に、『満州女塾』(新潮社)、『ネグレクト 育児放棄―真奈ちゃんはなぜ死んだか―』(小学館。第十一回小学館ノンフィクション大賞受賞作)などがある。


主な対象者

テーマに関心のある人


定員

先着250人


申込期間

  ●第1弾:11月16日土曜日から2月1日土曜日 先着150人

  ●第2弾:2月2日日曜日から2月7日金曜日    先着100人

申込注意事項

・託児、手話、要約筆記をご希望の方(城陽市民および在勤・在学者)は第2弾から申込開始しますので、第2弾にお申し込みください
・往復ハガキ発送日に十分な余裕がないため、申込方法を限定しています。ご了承ください。

第1弾申込方法

【申込期間】
11月16日土曜日から2月1日土曜日 17:00

【申込方法】
来館 / 往復ハガキ / E-mail

【明記項目】
a 件名「さんさんフェスタ対談申込」 b 名前(参加希望者全員 ) c代表者の住所 d 代表者の電話番号  ℮ 代表者のメールアドレス

【申込完了】
・こちらからの返信(入場整理券を送付)をもって申込完了となります
・メール申込の方は、パソコンのメールを受信可能なアドレスをご記入ください
・申込後、営業日3日以内に返信がない場合は、受付未了の可能性がありますので、お問い合わせください

【その他】
・託児、手話、要約筆記をご希望の方(城陽市民および在勤・在学者)は第2弾から申込開始しますので、第2弾にお申し込みください


第2弾申込方法

【申込期間】
2月2日日曜日から2月7日金曜日 17:00 託児希望者は2月5日17:00まで

【申込方法】
来館 / E-mail

【明記項目】
a 件名「さんさんフェスタ対談申込」 b 名前(参加希望者全員) c 代表者の住所 d 代表者の電話番号  ℮ 代表者のメールアドレス
・託児希望者は、子どもの名前、月齢、性別(6カ月から就学前の子ども・保護者が城陽市民/在勤/在学・先着7人)
*先着基準は、1 来館  2 E-mail となります
・手話希望者の方の名前
・要約筆記希望者の方の名前

【申込完了】
・こちらからの返信(入場整理券を送付)をもって申込完了となります
・メール申込の方は、パソコンのメールを受信可能なアドレスをご記入ください
・申込後、営業日3日以内に返信がない場合は、受付未了の可能性がありますので、お問い合わせください

【その他】再掲
・託児、手話、要約筆記をご希望の方(城陽市民および在勤・在学者)は第2弾から申込開始しますので、第2弾にお申し込みください
・往復ハガキ発送日に十分な余裕がないため、申込方法を限定しています。ご了承ください。

その他

・当日午前8時の時点で城陽市に気象警報または気象特別警報が発表中の場合は中止します

・また午前8時以降に発表された場合はその時点で開催を中止することがあります

・当日先着受付の有無と人数は2月8日午前までにお知らせします

申し込み・問い合わせ先

城陽市男女共同参画支援センターぱれっとJOYO
610-0121
城陽市寺田林ノ口11-114
電話 0774-54-7545
E-mail palettekoza@city.joyo.lg.jp

実施主体

ぱれっとJOYO市民会議 / さんさんフェスタ企画運営委員会


共催

城陽市


事業の位置づけ

この事業は、第3次城陽市男女共同参画計画「さんさんプラン」(改定版)
◆基本目標5 女性に対する暴力を許さない地域社会づくり 課題10 暴力を根絶するための基盤づくり 施策の方向18 暴力を許さない市民の意識の醸成・環境づくり に基づくものです。

◆第24回 女(ひと)と男(ひと)のまつり「さんさんフェスタ」午前の部の催しとして実施します

お問い合わせ

城陽市役所市民環境部市民活動支援課男女共同参画係

電話: 0774-54-7545

ファックス: 0774-55-5601

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

市民環境部市民活動支援課男女共同参画係


【対談】ルポライター×カウンセラーが現場から語る「子どもが安心できる家族をつくるためにー児童虐待とDVの事件から考えるー」への別ルート