ページの先頭です

JOYOエコミュージアム平成30年度秋季特別展「奥田駒蔵とメイゾン鴻乃巣-寺田出身の青年が作った大正文士のサロン-」を開催します。

[2018年11月13日]

ID:3337

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

JOYOエコミュージアム平成30年度秋季特別展「奥田駒蔵とメイゾン鴻乃巣-寺田出身の青年が作った大正文士のサロン-」

2018秋ポスター

開催期間

平成30年10月20日(土)から12月16日(日)まで
ただし、10月22・29日、11月5・6・12・19・26・27日、12月3・10日は休館

趣旨

 寺田村出身の青年奥田駒蔵が東京で作った店「メイゾン鴻乃巣」は、明治から大正にかけて近代文学を担った文豪たち、芸術家たちが集う本格的なフレンチレストランでした。この特別展では、「鴻巣山人」と称し、永井荷風、与謝野晶子など錚々たる文学者や、芸術家に愛された奥田駒蔵と彼の生涯、また少年時代の駒蔵が過ごした寺田村の当時の様子をあわせて紹介します。この展示の実施にあたっては、奥田駒蔵氏の孫である奥田恵二氏の妻であり、エッセイストである奥田万里氏の著書『大正文士のサロンを作った男-奥田駒蔵とメイゾン鴻ノ巣』の内容に沿いながら実施します。

展示案内

2018年秋パンフ表

パンフレット(表)

2018年秋パンフ裏

パンフレット(裏)

展示構成

1 西洋料理店「メイゾン鴻乃巣」とは

ア ライチョウ模様真鍮製サモワール 島田市蔵・ふじのくに茶の都ミュージアム管理
イ スッポン鍋 奥田夫妻蔵
ウ カトラリー 奥田夫妻蔵
エ 『主婦の友』大正13年4月号 ケンショク「食」資料室蔵
オ 「鴻乃巣新装開店ポスター」 奥田夫妻蔵

2 故郷寺田村と『カフェエ夜話』

ア 「父上の像」 鴻巣山人画 奥田夫妻蔵
イ 『カフェエ夜話 創刊号』 (公財)日本近代文学館蔵
ウ 『カフェエ夜話 五月号』 (公財)日本近代文学館蔵

3 奥田駒蔵ー人と作品ー

ア 「蛙屏風」 奥田夫妻蔵
イ 「蛙百態図」 奥田夫妻蔵
ウ 関根正二≪子供≫パネル 石橋財団ブリヂストン美術館蔵/提供

4 メイゾン鴻乃巣に集った人々

ア 人物紹介パネル

関連事業

1 第83回文化財講演会

ア 演題 祖父奥田駒蔵とメイゾン鴻乃巣
イ 講師 奥田恵二氏、奥田万里氏
ウ 日時 平成30年11月23日(金・祝)
     午後1時30分から午後3時まで(開場午後1時)
エ 場所 ふれあいホール(文化パルク城陽西館2階)
オ 申込み・参加費 不要

詳しくはこちらをクリックしてください。(別ウインドウで開く)

2 ギャラリートーク

ア 講師 資料館職員
イ 日時 平成30年10月27日(土)、11月17日(土)、12月9日(日)
     各日とも午後2時から午後3時まで
ウ 場所 城陽市歴史民俗資料館 特別展示室
エ 申込み 不要
オ 参加費 不要(入館料必要)

資料館限定グッズ販売

 秋季特別展「奥田駒蔵とメイゾン鴻乃巣-寺田出身の青年が作った大正文士のサロン-」の会期中、「メイゾン鴻乃巣新装開店ポスター」をあしらった缶ペンケースや「蛙屏風」のクリアファイル等を当館限定で販売しております。
 また奥田駒蔵氏の孫にあたる奥田恵二氏の奥方である奥田万里氏が執筆された『大正文士のサロンを作った男 奥田駒蔵とメイゾン鴻乃巣』もあわせて販売しております。

お問い合わせ

城陽市役所教育委員会事務局 歴史民俗資料館

電話: 0774-55-7611

ファックス: 0774-55-7612

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

教育委員会事務局 歴史民俗資料館