ページの先頭です

信田さよ子講演会「子ども虐待を防ぐためにー家族の暴力という視点から考える」

[2018年8月1日]

ID:3090

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

信田さよ子講演会「子ども虐待を防ぐためにー家族の暴力という視点から考える」

親からの虐待で心と身体に傷を負い、命を落とす子どものニュースが後を絶ちません。なぜ、親は子どもに虐待をしてしまうのか、なぜ、子どもを守れないのか、児童虐待の裏側に存在する親の生きづらさや家族が抱えている問題を明らかにします。


開催日時

2018年10月21日(日)13時30分から15時30分


会場

講師

臨床心理士、原宿カウンセリングセンター所長

お茶の水女子大学大学院修士課程修了。駒木野病院勤務等を経て1995年原宿カウンセリングセンターを設立。アルコールやギャンブルなどの依存症、摂食障害、ひきこもり、ドメスティックバイオレンス、児童虐待に悩む人たちやその家族、ハラスメントの加害者・被害者などのカウンセリングを行っている。著書に「夫婦の関係を見て子は育つ」「DVと虐待」など多数あり、最新著は「母・娘・祖母が共存するために」。


定員

先着80人


託児

6カ月以上就学前まで。先着7人
*申込期間9月2日(日)午前9時から10月17日(水)午後5時まで


申込方法

9月2日(日)午前9時から電話かメールで受付

電話 0774-54-7545

E-mail palettekoza@city.joyo.lg.jp

a.件名「信田さよ子講演会申込」 b.名前 c.住所 d.電話番号 e.メールアドレス f.託児希望者は、子どもの名前・性別・月齢 
*当方からの申込受付メールを受信後、申込完了となります


事業位置づけ

第3次城陽市男女共同参画計画「さんさんプラン」基本目標5「女性に対する暴力を許さない地域社会づくり」に基づき実施します。
パープルリボン(女性に対する暴力をなくす)運動(11月12日から25日)に位置づけて実施します。


主催

城陽市男女共同参画支援センターぱれっとJOYO

信田さよ子講演会チラシ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

城陽市役所市民環境部市民活動支援課男女共同参画係

電話: 0774-54-7545

ファックス: 0774-55-5601

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

市民環境部市民活動支援課男女共同参画係


信田さよ子講演会「子ども虐待を防ぐためにー家族の暴力という視点から考える」への別ルート