ページの先頭です

未来へ・・・(広報じょうよう市長コラム)平成29年8月

[2017年8月1日]

ID:2422

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 8月。猛暑の夏、お元気でお過ごしのこととお喜び申し上げます。

 九州北部地方をはじめ、全国各地で大雨による被害に遭われたみなさまに心からお見舞い申し上げます。

 平成24年8月の府南部豪雨では本市も大きな被害を受けました。平成26年に国から古川床上浸水緊急対策として事業採択され、現在50.5億円6年計画で府の事業として取り組んでいただいています。

 鴻ノ巣山を守る会のみなさんが鴻ノ巣山の散策路整備に汗を流していただき、多くの市民が利用されています。匿名の方から花しょうぶ池近くの時計台が故障との通報と修理費の一部にと寄付がありました。特殊な時計で修理に時間を要しましたが、今は復旧しています。

 古川の治水事業のご協力者や鴻ノ巣山を愛する市民のみなさんの温かいお気持ちに感謝申し上げます。

 7月11日の森林環境税に関する勉強会では、「今、山は放置され荒廃している。間伐する人手が入らない」と。

 治山治水こそ政(まつりごと)の根本。

 未来へ