ページの先頭です

セーフティネット保証5号認定制度

[2017年10月1日]

ID:2421

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

制度概要

セーフティネット保証5号認定制度とは、業況の悪化している業種に属する事業を行う中小企業者を支援するための措置です。経営の安定に支障が生じていることについて、市の認定を受けた後、信用保証協会の一般保証とは別枠で保証を受けていただける制度です。なお、本認定とは別に、金融機関及び信用保証協会による金融上の審査があります。

対象

経済産業大臣の指定を受けた業種(日本標準産業分類(平成25年10月改定版)細分類(別ウインドウで開く)に基づく)に属する事業を営まれており、イ、ロのいずれかに該当する中小企業者

イ 最近の連続する3か月間の売上高などが前年同期比で5%以上減少している。

ロ 原油価格の上昇により、製品等に係る売上原価のうち20%以上を占める原油等の仕入価格が20%以上上昇しているにもかかわらず、物の販売又は役務の提供の価格(加工賃を含む。)の引上げが著しく困難であるため、最近の連続する3か月間の売上高に占める原油等の仕入価格の割合が、前年同期比で上回っている。

手続き

認定申請書式をダウンロードし、必要箇所にご記入の上、市役所商工観光課へ申請してください。(認定申請書式は商工観光課(市役所3階)でも配布しています。)

適用される要件によって申請様式が異なりますので、選択シートに基づき認定要件を満たしているか確認して様式を選択してください。
兼業者とは、日本標準産業分類(平成25年10月改定版)の細分類で複数の業種に属する事業を行っている中小企業者。

ロに係る申請書類は商工観光課までお問い合わせください。

組織内ジャンル

まちづくり活性部商工観光課商工観光係