ページの先頭です

風しん予防接種の費用助成について

[2017年3月31日]

ID:1834

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

平成29年4月1日以降に任意で接種された風しんワクチンおよび麻しん風しん混合ワクチン予防接種の費用の一部助成を行います。
なお、今後の接種について検討される場合は、接種に当たっての注意事項をご理解のうえ、お願いします。

<接種に当たっての注意事項>
 ★接種前1か月、接種後2か月の間は避妊が必要です
 ★次の人は接種する必要がありません
  ・過去に風しんにかかった人
  ・風しんか麻しん風しん混合ワクチンを今までにあわせて2回以上接種している人

※主治医などで接種出来ない場合は、保健センターへお問い合わせください

対象者

  1. 城陽市在住の妊娠を希望する女性で、風しん抗体検査等により、抗体価の低い者
  2. 風しん抗体価の低い妊婦の同居者で、同居者本人も風しん抗体検査等により、抗体価の低い者

※京都府で風しん抗体価検査の無料実施をしています。詳しくは京都府ホームページをご覧ください

助成費用

ワクチン接種費用の3分の2(1人につき1回分のみ)

※市民税非課税世帯、生活保護世帯、中国残留邦人等支援給付世帯に属する人は全額助成(1人につき1回分のみ)

助成対象期間

平成29年4月1日~平成30年3月31日までに接種したもの

助成方法

医療機関で全額支払いの後、下記の持ち物1~5を持参のうえ、保健センター窓口で償還払いの手続き、または郵送で申請をしてください

持ち物

  1. 接種を証明できる領収書(原本。コピー不可)※被接種者名・予防接種名・接種金額・接種日・医療機関名の記載があるもの
  2. 接種者本人の抗体価が低いことがわかる書類(抗体検査の結果・本人の母子健康手帳等)
  3. 妊婦の同居者の場合は、妊婦の抗体価が低いことがわかる書類と母子健康手帳の表紙の写し
  4. 印かん
  5. 銀行口座のわかるもの(通帳等)

※郵送での申請もできます。ただし、申請書を下記からダウンロードし、下記の1~4を同封してください

  1. 必要事項を記載した申請書
  2. 領収書(原本。コピー不可)※被接種者名・予防接種名・接種金額・接種日・医療機関名の記載があるもの
  3. 接種者本人の抗体価が低いことがわかる書類(抗体検査の結果・本人の母子健康手帳等)
  4. 妊婦の同居者の場合は、妊婦の抗体価が低いことがわかる書類と母子健康手帳の表紙の写し

城陽市風しん予防接種助成金申請書兼口座振替申請書

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

申請期限

平成30年3月31日まで(郵送の場合は消印有効)

「先天性風しん症候群」について

 風しんの免疫のない女性が妊娠初期に罹患すると、風疹ウイルスが胎児に感染して、出生児に難聴や心疾患、白内障などの先天性風疹症候群(CRS)と総称される障がいを引き起こすことがあります。詳しくは、厚生労働省ホームページ(別ウインドウで開く)をご覧ください。

お問い合わせ

城陽市役所福祉保健部健康推進課健康推進係

電話: 0774-55-1111

ファックス: 0774-55-1140

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

福祉保健部健康推進課健康推進係