ページの先頭です

2017年1月15日号 観葉植物の冬の育て方

[2017年1月15日]

ID:1705

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年1月15日号 観葉植物の冬の育て方

部屋のインテリアとして緑を楽しむことができる観葉植物は、寒さが苦手です。今回は観葉植物の冬の育て方のポイントについて紹介します。

☆寒さに弱い観葉植物

観葉植物は熱帯や亜熱帯が原産のものが多いため、寒さに弱く、気温の低下とともに生育が鈍り、冬は休眠状態となります。

☆室内での置き場所

室内では、暖房器具の近くは避けます。乾燥しやすいことと、昼夜の温度差が大きいことで植物がダメージを受けるためです。同じ室内でも床面より天井に近いほど暖かいので、棚やテーブルの上に置くとよいでしょう。

☆水やりと肥料

冬の間は根も生育を休んでいる状態ですので、水を吸い上げる力が弱っており、水をやり過ぎると過湿となり根腐れの原因となります。水やりは1週間に1回程度、午前中の温かい時間にやるようにします。冬は鉢土を乾かし気味にすることがポイントで乾燥気味にすることによって耐寒性が高まります。ただし、室内が乾燥しているため霧吹きで葉や茎に適度な湿度を与える必要があります。肥料については冬の間は必要ありません。

お問い合わせ

城陽市役所都市整備部地域整備課地域整備係

電話: 0774-56-4057 0774-56-4068

ファックス: 0774-56-3999

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

都市整備部地域整備課地域整備係