ページの先頭です

小児期対象予防接種の一般的な注意事項について

[2015年4月1日]

ID:1502

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

予防接種を受ける際の注意事項

予防接種を受ける前に

予防接種は体調のよい時に受けるのが原則です。日頃からお子さんの体質、体調など健康状態に気を配りましょう。

安全に予防接種を受けられるよう、以下のことに注意の上、保護者の方は当日の予防接種を受けるかどうか判断してください。

  1. 当日は、朝からお子さんの状態をよく観察し、ふだんと変わったところのないことを確認するようにしましょう。
    予防接種を受ける予定であっても、体調が悪いと思ったら、かかりつけ医に相談の上、接種をするかどうか判断するようにしましょう。
  2. 受ける予定の予防接種について、予防接種手帳等をよく読んで、必要性や副反応についてよく理解しましょう。わからないことは、接種を受ける前に接種医に質問しましょう。
  3. 母子健康手帳は必ず持っていきましょう。
  4. 予診票は、接種する医師への大切な情報です。責任をもって記入するようにしましょう。
  5. 予防接種を受けるお子さんの日頃の健康状態をよく知っている保護者の方が連れていきましょう。

※なお、予防接種の効果や副反応などについて理解したうえで、接種に同意したときに限り、接種が行われます。

予防接種を受けた後

  1. 予防接種を受けた後30分間程度は、医療機関でお子さんの様子を観察するか、医師とすぐに連絡をとれるようにしておきましょう。急な副反応が、この間に起こることがまれにあります。
  2. 接種後、生ワクチンでは4週間、不活化ワクチンでは1週間は副反応の出現に注意しましょう。
  3. 接種部位は清潔に保ちましょう。入浴は差し支えありませんが、接種部位をこすることはやめましょう。
  4. 当日は、はげしい運動は避けましょう。
  5. 接種後、接種部位の異常な反応や体調の変化があった場合は、速やかに医師の診察を受けましょう。

お問い合わせ

城陽市役所福祉保健部健康推進課健康推進係

電話: 0774-55-1111

ファックス: 0774-55-1140

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

福祉保健部健康推進課健康推進係


小児期対象予防接種の一般的な注意事項についてへの別ルート