ページの先頭です

ご注意ください 給水管・浄水器・排水管などの点検・実験・かたり商法

[2006年8月2日]

ID:1366

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

これらは、特にお年寄りや健康志向の高い家庭の不安をあおり、わずかな作業で高額な費用の請求や浄水器などの契約を迫ったりするものです。事前に業者名や費用を確認し、納得したうえで依頼することが大切です。惑わされないよう、必要ないものは、はっきり断りましょう。

点検商法

(例)
「給水管の洗浄が必要です。給水管が汚れています。」とわずかな作業で高額な費用を請求したり、「無料で給水管の洗浄をします。」と、床下などを点検し、高額な商品やサービスの契約を迫る。

通常、水の流れのある給水管は洗浄する必要がなく奨励もしていません。

実験商法

(例)
水道水に試薬を入れ、色が変わるのを見せて不安をあおり、高額な浄水器などを売りつけます。

これは、水道水に必ず含まれている消毒用の塩素剤に反応しているだけです。安心してご使用ください。

かたり商法

(例)
「水道局の方から来ました」「市から依頼を受けて排水管の点検に来ました」などと言って家庭を訪問し、宅地内の排水管などの清掃を行い、高額な費用を請求する。

訪問販売の際、公的機関の職員や大手企業の社員を装って勧誘を行う商法です。
それらしい制服を着ていると、販売員が名乗らなくても消費者が勘違いしてしまう場合もあります。
市が業者に依頼して、宅地内の排水設備の点検や清掃を行うことはありません。

組織内ジャンル

上下水道部上下水道課