ページの先頭です

2016年5月15日号 ゴーヤのグリーンカーテン

[2016年5月15日]

ID:1020

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

ネットの張り方の図

ネットの張り方

夏の暑さを和らげる方法として、つる植物を利用したグリーンカーテンがあります。今回はゴーヤを利用したグリーンカーテンについて紹介します。

☆グリーンカーテンとは?

つる植物を利用してつくる緑のカーテンです。グリーンカーテンは、日差しをさえぎり日陰をつくることで、周囲の温度上昇を防ぎます。また、植物の蒸散作用から、水分が蒸発する際に周囲の熱を奪うことで気温が下がります。(植物の蒸散作用とは、温度調整のため植物が葉から水分を放出すること)

☆苗の植えつけ

グリーンカーテンには、病害虫に強く、育てやすいゴーヤが人気があります。ゴーヤの苗はしっかりと根を張らせ、葉をよく茂らせるため大型プランター(容量20リットル以上)1個に対し2苗植えつけます。窓1カ所に対しプランターを2個程度用意し、園芸用ネットをプランターと軒の間に張ります(図参照)

☆管理のしかた

水やりは梅雨が明けるまでは1日1回、梅雨明け後は朝夕2回たっぷり行います。肥料は植えつけてから1カ月後と以降2週間を目安に株元から離れた場所に化成肥料一握り分を土に混ぜるように施します。約2カ月程度でグリーンカーテンが完成します。

詳細について

詳しいことは、緑の相談員にお尋ねください。

お問い合わせ

城陽市役所都市整備部地域整備課地域整備係

電話: 0774-56-4057 0774-56-4068

ファックス: 0774-56-3999

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

都市整備部地域整備課地域整備係