ページの先頭です

2016年3月15日号 庭の芝張り

[2016年3月15日]

ID:1014

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

芝の写真

春は植物の芽生えの季節です。
植物の生長が盛んになる3~4月は、芝張りを行うのに適しています。今回は庭の芝張りについて紹介します。

☆芝張りの準備

カーペット状の苗で手軽に購入できるのが「コウライシバ」です。夏の暑さに強く、日本の気候に適しており、扱いやすさから最もよく植えられている芝です。
芝を購入する際は、芽にムラが無く、よく芽の詰まったものを選びます。芝を張るには、日当たりと水はけのよい環境で、雨が直接当たる場所を選びます。

☆芝の張り方と管理

芝の根は、約10センチまでの深さで最も生長しますので、最低限10センチの深さまでは十分に耕やし、地面が平らになるようにします。
次に芝を張りますが、2~3センチ間隔を開け並べて張る「目地張り」(写真参照)が最も一般的な方法です。そして目地部分に土を入れ、芝全体を押さえて平らにし、ふるいで芝の葉先が出る程度に土を全体にかけます。
最後に、芝全体に水をたっぷりやり乾燥させないように管理すると1カ月程度で根付きます。芝を美しく保つには、成長期の5~9月に月1回程度、芝の長さが3~5センチ位になるように刈り込みを行います。

詳細について

詳しいことは、緑の相談員にお尋ねください。

お問い合わせ

城陽市役所都市整備部地域整備課地域整備係

電話: 0774-56-4057 0774-56-4068

ファックス: 0774-56-3999

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

都市整備部地域整備課地域整備係