ページの先頭です

消火器の破裂事故にご注意を!!

[2013年8月6日]

ID:1012

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

平成21年9月に大阪市で、駐車場にあった腐食した消火器を操作したことにより消火器が破裂し、子供が負傷した事故がありましたが、このような消火器の破裂事故は毎年のように全国で発生しています。
屋外に放置されるなどにより外面に腐食が見られる消火器については、消火剤の放出などを行おうとしてレバーを操作すると大変危険ですので、決して操作しないようにお願いします。
詳しくは、総務省消防庁ホームページ(別ウインドウで開く)をご覧ください

次のような消火器は、廃棄・更新をお勧めします

  1. ひどく錆びたり、腐食している箇所がある消火器(特に底部もしくは本体とレバーを接続するキャップ部分)
  2. 容器などに大きなキズや変形した箇所がある消火器

不要になった消火器を廃棄する場合の注意事項!

  1. 消火器は、絶対に分解したり、放射したりしないでください
  2. 消火器は、一般のごみの回収には出せません
  3. 消火器の廃棄は、購入店または消火器専門業者に相談・依頼してください
    (消火器の廃棄処理は、メーカーや消火器の種類などによって料金に違いはありますが、有料になります)

詳しくは、消火器リサイクル推進センターホームページ(別ウインドウで開く)をご覧ください

お問い合わせ

城陽市役所消防本部・消防署予防課

電話: 0774-54-0115

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

消防本部・消防署予防課