ページの先頭です

2015年11月15日号 サザンカの育て方

[2015年11月15日]

ID:1001

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

サザンカの写真

冬の訪れとともに、庭に彩りを与えてくれる花にサザンカがあります。今回はサザンカの育て方についてご紹介します。

☆サザンカの分類

サザンカは、山口県と四国南西部から九州の山地にかけて野生種が分布し、10月から12月にかけて一重の白花を咲かせます。現在では多様な園芸種が生み出され、開花期や花の形などの特徴から分類されます。

サザンカ群

野生種に近い園芸種で、花は一重から二重咲きで10月から12月頃にかけて開花します。

カンツバキ群

花は八重咲きが多く、11月から翌年の3月頃にかけて開花します。枝葉が密生するので刈り込みやすく生け垣に利用されます。

ハルサザンカ群

サザンカとツバキの中間的な特徴をもち、花は一重から八重まで多様で、12月から翌年4月頃まで開花し、ツバキのように花ごと落ちます。

☆手入れと管理

サザンカの植えつけは3月から4月と9月から10月が適しており、日当たりの良い場所に腐葉土をよく混ぜてから植えつけます。鉢植えの場合も植え替えは2年に1回程度、同時期に行います。肥料は、3月下旬と9月下旬に固形の有機肥料を施し、12月から1月に寒肥として油かすや緩効性の化成肥料を根元に施します。剪定は、3月から4月が適しており、花芽がつくられる6月から7月以降は避けるようにします。

詳細について

詳しいことは、緑の相談員にお尋ねください。

お問い合わせ

城陽市役所都市整備部地域整備課地域整備係

電話: 0774-56-4057 0774-56-4068

ファックス: 0774-56-3999

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

都市整備部地域整備課地域整備係