ページの先頭です

2015年9月15日号 シュウカイドウの育て方

[2015年9月15日]

ID:993

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

シュウカイドウの写真

シュウカイドウの育て方

残暑が厳しい時期ですが、秋の風情を感じさせてくれる花のひとつにシュウカイドウがあります。今回はシュウカイドウの育て方について紹介します。

☆ベゴニアの仲間

シュウカイドウは、ベゴニアの仲間で中国からマレー半島が原産で、江戸時代前期に日本に渡来しました。名前の由来は、花の色がハナカイドウに似ており、秋に開花することから「秋海棠」と名付けられました。

☆丈夫で育てやすい

シュウカイドウは、湿り気のある明るい日陰を好みます。強い直射日光に当てると葉焼けすることがあり、また、土壌が乾燥すると生育が著しく衰えるので注意します。冬場は地上部が枯れて地下で塊根の状態で越冬するので、特に防寒は必要ありません。

☆管理のしかた

植え替えは4月頃が適期です。植え付ける深さは塊茎が土に隠れる程度で、赤玉土7・腐葉土3の用土で植え替え、あまり深く植えすぎないように注意します。地植えの場合は、植え付ける場所に腐葉土を混ぜて保水性を高めておきます。乾燥が苦手な植物ですので、水やりは、土の表面が乾いたらたっぷりやります。肥料は鉢植えの場合、5~9月に月1回、緩効性の化成肥料を施し、地植えの場合は特に必要ありません。

詳細について

詳しいことは、緑の相談員にお尋ねください。

お問い合わせ

城陽市役所都市整備部地域整備課地域整備係

電話: 0774-56-4057 0774-56-4068

ファックス: 0774-56-3999

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

都市整備部地域整備課地域整備係