ページの先頭です

2015年7月15日号 ノウゼンカズラの育て方

[2015年7月15日]

ID:987

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

ノウゼンカズラの写真

色鮮やかなオレンジ色の花が印象的なノウゼンカズラは、夏を代表する花のひとつです。今回は、ノウゼンカズラの育て方について紹介します。

☆剪定のしかた

ノウゼンカズラの剪定は、2月下旬~3月に行います。6月頃に花芽が形成されるので思い切った剪定をすることができ、伸びすぎた枝(つる)の整理や樹形の変更が可能です。切る位置は、前年に伸びた枝の枝元から2~3芽を残して切り戻し、不要な枝は枝元から切り取ります。剪定をせずに放置すると、新芽が伸び、互いに絡み合った状態になりやすく、樹形を保つためには、毎年剪定するようにします。

☆施肥、害虫対策

肥料は、2~3月に寒肥として根元に数箇所、穴を掘り、油かすと骨粉を混ぜた有機肥料を施します。ノウゼンカズラは病害虫の被害はほとんどありませんが、新芽にアブラムシが発生することがありますので薬剤で早期に防除します。

☆挿し木で増やす

ノウゼンカズラは、挿し木で簡単に増やすことができます。挿し木の適期は3月で、剪定した枝を利用します。20センチ程に切った枝を一晩水につけてから鹿沼土などに挿し、風の当たらない場所で管理します。約1~1カ月半で発根します。

詳細について

詳しいことは、緑の相談員にお尋ねください。

お問い合わせ

城陽市役所都市整備部地域整備課地域整備係

電話: 0774-56-4057 0774-56-4068

ファックス: 0774-56-3999

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

都市整備部地域整備課地域整備係