ページの先頭です

2015年5月15日号 クンシランの植え替え

[2015年5月15日]

ID:979

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

クンシランの写真

光沢のある葉と気品のある美しい花が魅力のクンシランは、鉢花として親しまれています。今回はクンシランの植え替えについて紹介します。

☆クンシランの特徴

南アフリカが原産のクンシランは、明治の半ば頃に日本に入ってきました。名前にランとつきますが、ラン科ではなく、ヒガンバナ科の植物です。クンシランは丈夫で育てやすく、暑さ・寒さに強いだけでなく、日光があまり当たらない場所でも育つ植物です。

☆植え替えの仕方

クンシランは、根詰まりによる生育不良を防ぐため2~3年に1回、植え替えが必要です。植え替えの時期は花が咲き終わった4月下旬~5月が適しています。植え替えは、一回り大きい鉢に同量の赤玉土・軽石・腐葉土を混ぜた用土を用意し、根鉢(根とその周りの土)を崩さないように行います。

☆植え替え後の管理

植え替え直後は明るい日陰に1週間ほど置き、その後は直射日光の当たらない場所で管理します。2~6月・10~11月は緩効性化成肥料を月1回施し、7~8月は液体肥料を月に2回施すようにします。また肥料は、植え替え後1カ月程度経過してから施すようにします。

詳細について

詳しいことは、緑の相談員にお尋ねください。

お問い合わせ

城陽市役所都市整備部地域整備課地域整備係

電話: 0774-56-4057 0774-56-4068

ファックス: 0774-56-3999

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

都市整備部地域整備課地域整備係