ページの先頭です

2015年1月15日号 鉢植えで育てるかんきつ類

[2015年1月15日]

ID:964

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

ウンシュウミカン写真

☆育てやすいかんきつ類

かんきつ類は樹木1本だけでも実をつける自家受粉品種が多く、育てやすい果樹とされています。鉢植え用の鉢は、10号鉢(直径約30cm)程度のものを準備し、用土は赤玉土7に対して腐葉土3を混ぜたものもしくは、市販の培養土を使用します。鉢底にはゴロ土を入れて水はけをよくします。

☆鉢植えに適したかんきつ類

鉢植えは庭植えに比べて短い年数で実がつきます。鉢植えに適した品種としては、ウンシュウミカン、キンカン、ユズ、レモンなどです。ハッサクやネーブルなど大きな実をつける品種は、実の重みからバランスを崩し倒れる危険があるため、庭植えに適しています。

☆管理のしかた

鉢は日当たりのよい場所に置き、鉢土の表面が乾いたら水をたっぷりやります。肥料は3月、6月、10月に1回ずつ、緩効性の化成肥料を根元に一握り施すようにします。かんきつ類は枝を自然に伸ばした方が実つきがよくなるので剪定は年に1回3月頃に混んだ枝を整理する程度に行います。

詳細について

詳しいことは、緑の相談員にお尋ねください。

お問い合わせ

城陽市役所都市整備部地域整備課地域整備係

電話: 0774-56-4057 0774-56-4068

ファックス: 0774-56-3999

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

都市整備部地域整備課地域整備係