ページの先頭です

2014年11月15日号 冬の鉢植えの水やり

[2014年11月15日]

ID:956

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

じょうろの写真

水やりの方法は、季節によって異なります。今回は冬の鉢植えの水やりの注意点について紹介します。

☆水を控えめに管理する

植物は気温の低下に伴い新陳代謝が下がるため、葉からの蒸散作用が低下し水分の吸収率が低下します。冬の間、鉢植え植物は根が湿った状態のまま寒さに当たると、根腐れをおこして枯れてしまうため、なるべく水やりは控え目にし、鉢の中の水分量を少なく保ち、根腐れを防止します。土の表面が乾燥している場合でも、軽く表面を掘りかえし、中の土が湿っていれば水やりは必要ありません。なお、植物の葉や茎がしなびずに、しっかりとしていれば水分が足りている状態です。

☆水やりは暖かい日の午前中

水やりは暖かい日の午前中に行うようにして、特に夕方以降は気温低下により、水分が蒸発しにくくなるため午後の水やりは避けます。また、可能な限り1~2時間程度、日光に当てて温めておいた水を使用し、鉢皿には水を溜めないようにします。なお、水をやる際は植物の根元に水を注ぐよう注意します。花や葉に水をかけてしまうと、花や葉に残った水滴が夜間に凍結し枯れる恐れがあります。

詳細について

詳しいことは、緑の相談員にお尋ねください。

お問い合わせ

城陽市役所都市整備部地域整備課地域整備係

電話: 0774-56-4057 0774-56-4068

ファックス: 0774-56-3999

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

都市整備部地域整備課地域整備係