ページの先頭です

2014年9月15日号 リンドウの育て方

[2014年9月15日]

ID:950

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

リンドウの写真

秋を感じる花のひとつにリンドウがあります。今回は鉢植えのリンドウの育て方についてご紹介します。

☆花を長く楽しむには

リンドウは敬老の日のギフトとして人気が高く、色とりどりのリンドウが9月の園芸店の店頭を飾ります。花を長く楽しむためには、よく日の当たる屋外に鉢を置き、鉢土を乾燥させないよう小まめに水やりを行うことが大切です。また、開花中は肥料を施さず、咲き終わった花がらは摘み取ります。

☆花後の管理のしかた

リンドウは宿根草の一種です。冬の間は地上部が枯れてしまいますが、根は生きているため、根を乾燥させないよう3日に1回の頻度で芽が出る3月まで水やりを行います。4月以降は通常の水やりを行い、4~8月の間のみ、月に2回程度、液体肥料を施すようにします。なお、リンドウは高温多湿に弱く、7~8月の間は直射日光を避け風通しの良い日陰で管理します。

☆摘芯(てきしん)で花数を増やす

開花時期(9~11月)の花数を増やすため、4月下旬から5月に新芽の下から2~3節を残して切り取る摘芯を行い、わき芽を増やします。なお、摘芯した芽は、挿し芽として利用することにより、株を更新させることが可能です。

詳細について

詳しいことは、緑の相談員にお尋ねください。

お問い合わせ

城陽市役所都市整備部地域整備課地域整備係

電話: 0774-56-4057 0774-56-4068

ファックス: 0774-56-3999

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

都市整備部地域整備課地域整備係