ページの先頭です

2018年5月15日号 シャクヤクの育て方

[2018年5月15日]

ID:915

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

初夏に大輪の花を咲かせるシャクヤクは、ボタンと並ぶ豪華さです。今回はシャクヤクの育て方について紹介します。

☆花を大きくする

シャクヤクはボタン科の多年草で、ボタンが樹木であるのに対して、シャクヤクは草の仲間で、冬には地上部が枯れ休眠します。シャクヤクは根が張って大株にならないと立派な花が咲かないので、鉢植えの場合は大きさの鉢に植えます。込み合った茎、細い茎、つぼみのない茎など、いらない芽を切り、つぼみがついている太い茎に栄養を集中させ、脇から出ているつぼみは摘み取り、茎の先端のつぼみのみを残して栄養を集中させます。

☆病害虫対策と肥料

シャクヤクで注意しないといけない病気が、灰色かび病です。灰色かび病になるとつぼみが出ても途中で枯れてしまい開花しません。発芽後から開花までに2回程度、ベンレートなどの殺菌剤を散布して予防します。肥料については、シャクヤクは多肥を好む植物で花が終わったら直後と、10月、1月にそれぞれ施します

☆植え替え

植え替えの時期は、10月頃が適期で、庭植えの場合は5年から6年は植え替えの必要はなく、鉢植えの場合は、2年から3年ごとに植え替えを行います。

 

詳細について

詳しいことは、緑の相談員にお尋ねください。

お問い合わせ

城陽市役所都市整備部地域整備課地域整備係

電話: 0774-56-4057 0774-56-4068

ファックス: 0774-56-3999

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

都市整備部地域整備課地域整備係